1. トップ
  2. レシピ
  3. 黒酢は朝飲むのが正解!?“すっぱい食べもの”の効果をアップさせる方法

黒酢は朝飲むのが正解!?“すっぱい食べもの”の効果をアップさせる方法

  • 2018.7.27
  • 8228 views
朝にドリンクを飲む女性のイメージ画像

梅干しの長所を伸ばす食べ合わせ

梅干しのイメージ画像

6月13日に放送された「ソレダメ! ~あなたの常識は非常識!?~」(テレビ東京系)では、知っていると得する“すっぱいものの新常識”について明かされました。

すっぱいものの代表格ともいえる梅干しは、若々しい体を保つには欠かせない食材。疲労回復や食欲増進、肝機能アップなどの効果が期待できる上、食べ合わせのバリエーションが豊富なのも大きな魅力です。

そこで番組では、梅干しの健康効果がアップするさまざまな食べ合わせが紹介されました。和歌山県立医科大学の宇都宮洋才准教授によると、しらすと梅干しを一緒に食べると骨を丈夫にする効果が上がるそう。梅干しのクエン酸が、しらすに含まれているカルシウムの吸収を助けてくれるといいます。ちなみにカルシウムが含まれている食べものならしらすに限らず、魚料理やヨーグルトなどの乳製品でもOK。

また二日酔いの解消にはしじみが効くとよく言われますが、梅干しと組み合わせるとさらに効果がアップ。しじみに含まれるオルニチンが肝臓の機能を高める一方、クエン酸も肝臓のアルコール排出を促進するため相乗効果が期待できるんですね。そのほか、ダイエット目的の人は梅干しと納豆を組み合わせて食べるのもおすすめです。

梅干しの意外な食べ合わせに、ネット上では「しらすと梅干しの組み合わせなら普通においしそう! 明日混ぜご飯でもつくってみようかな」「二日酔いには梅干しも効くんだね、しじみのお味噌汁に入れてみる」と興味を示す声が上がっていました。

ダイエットにうってつけなお酢のとり方

お酢のイメージ画像

そのほか番組では、血流促進や代謝をよくしてくれる調味料の「お酢」にも注目。お酢には主に醸造酢と調理酢の2種類がありますが、ダイエットのためには醸造酢を選んだほうがいいと宇都宮先生はいいます。というのも醸造酢には天然由来のアミノ酸と有機酸が入っているため、より一層ダイエットへの効果が期待できるそう。

お酢の中でもとくに健康や美容にいいといわれている黒酢は、とる時間を工夫するのがおすすめ。管理栄養士の伊達友美先生によると、黒酢に含まれるアミノ酸や酢酸には脂肪を燃やしやすくする働きがあります。しかしその作用が発揮されるのは、摂取してから30分~40分ほど経った後。朝食など午前中の活動が始まる前にとっておくことで、脂肪燃焼の効果を高めることができるでしょう。

食欲があまり出ない夏には、すっぱい食べものが大活躍してくれるはず。さっぱりとした風味の食材を使って、美容にも健康にもいい料理をつくってみてはいかがでしょうか?

 

文/プリマ・ドンナ

元記事を読む