彼女がキレイな理由:黒木瞳さん こだわりは「ストレスをためないこと」 カラフルな色合いが気になる

劇場版アニメ「インクレディブル・ファミリー」で日本語吹き替え版の声優を担当した黒木瞳さん
劇場版アニメ「インクレディブル・ファミリー」で日本語吹き替え版の声優を担当した黒木瞳さん

女優の黒木瞳さんが、ディズニー/ピクサー製作の劇場版アニメ「Mr.インクレディブル」(2004年)の続編「インクレディブル・ファミリー」(ブラッド・バード監督、8月1日公開)の日本語吹き替え版で、前作に続きファミリーの母ヘレン(イラスティガール)の声を担当している。続編が米国で製作されるという話を聞いてすぐに、「またイラスティガールに会える」と今作の出演を心待ちにしていたという黒木さん。体力を使うという声の仕事に対する心構えやこだわりについて聞いた。

「Mr.インクレディブル」は、ヒーロー廃業に追い込まれた家族が再び奮起し、ヒーローとしての仕事と家族の絆を取り戻す物語。続編は、前作直後からストーリーが始まる。普通の生活を送っていたボブたち家族だったが、あることがきっかけで母ヘレンがイラスティガールとしてヒーロー活動をすることになる。外で大活躍中するヘレンの代わりに家事・育児を任された父ボブは“イクメン”として奮闘する……というストーリー。日本語吹き替え版ではスーパーパワーを持ったヒーロー家族、インクレディブルファミリーの父ボブを三浦友和さん、長女のヴァイオレットを綾瀬はるかさんが声を担当している。

◇続編ができると聞いたときからワクワク

「Mr.インクレディブル」の続編が作られると聞いて、黒木さんは「米国で公開されるらしいといううわさを耳にしたときに『やったー』と思いました。またやりたい、またイラスティガールに出会いたいと思いましたので」と早くもワクワクしたという。「ディズニー/ピクサーの作品が大好きですし、『Mr.インクレディブル』のときもすごく面白い作品でしたから、その続編ができるわけですから絶対に面白いなと思って。また、参加したいと……」と声優のオファー前から楽しみにしていた。

続編「インクレディブル・ファミリー」のアフレコの際には、前作での経験から「これは体力を使うなと予想できた」という。「1回目のときにびっくりするくらい体力を使ったんですね。もう、これでもかというくらい監督からさまざまな声を要求されたんです。気合でも、肉体的にもすごく疲労困憊(こんぱい)したことを覚えていましたので、今回は覚悟があったんですよ。案の定そうなりましたので、逆に今度はそれが爽快感になったというか」と心も体も準備万端にして臨んだ。

舞台などへの出演も体力的な助けになったようで、「今回のアフレコが、ちょうど舞台と舞台の最中で、舞台のときって体力には自信のある時期で声も出ますし。だから自分の状態としては時期的によかったなと思います」と自信をのぞかせる。

◇仕事をしていることが体力作りになる

普段、体力作りのためにやっていることは特にないというが……。「仕事をしているだけです。きっと仕事が体力作りになっているんだと思います。想像を絶するような暑いとき、寒いときに外でロケをする経験をしていますし、暑いときに冬服、寒いときに涼しい服で演技するというようなことを何十年も繰り返しているので自然と……。もちろんちゃんとケアをしながら、無理をしないようにはしていますけれど」と語る。

体のケアは「無理をしないことですね。今なら長い間、日に当たらないとか。なるべく日傘をさすとか。そういうケアですね」と明かす。

◇映画、料理、ゴルフ…何かに集中してストレス解消

「ストレスをためないこと」がこだわりの一つで、ストレス解消法は「特にはないんですけれど……。まあ、忘れることですね。何が自分のストレスかを知って、それを忘れるという。まあ、だいたい忘れます。考えないようにします」と語る。

ストレス解消には「映画を見ていると(ストレスとか)忘れちゃう。あと料理を作っていると忘れますね。そのことだけに集中できるものをしていると忘れます。お芝居もそうですけど、舞台を見に行ったり、映画を見に行ったりして、エンターテインメントの世界に浸っているときもそのことだけに集中できますし、たまにしかやらないゴルフもそのことしか考えないので、そのことに集中するものっていうのはだいたいストレス解消になりますね」と笑顔で語る。

◇色で遊ぶファッションが楽しい

そんな黒木さんが最近気になるファッションは「カラフルな色合いのアイテム」という。「カラーコーディネートは結構面白いなと思っています。衣装でもこのインナーにこの色を合わせる?とか。面白いなと思います。この夏から秋にかけて、色で遊ぶファッションは楽しいかもしれないですね」と楽しそうに語った。

次回は「インクレディブル・ファミリー」のアフレコ秘話などについて聞く。

<プロフィル>

くろき・ひとみ 10月5日生まれ、福岡県出身。1981年に宝塚歌劇団で初舞台。入団2年目にして月組のトップ娘役に抜てきされる。85年に退団後、NHK連続テレビ小説「都の風」(86~87年)に出演。86年公開の映画「化身」では第10回日本アカデミー賞新人賞を、97年公開の映画「失楽園」では第21回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を、2000年公開の「破線のマリス」では第10回日本映画批評家大賞女優賞を受賞した。その後、映画、ドラマ、舞台などで活躍。詩集やエッセーも数多く出版。16年6月公開の映画「嫌な女」で監督デビューも果たす。劇場版アニメ「それいけ!アンパンマン ロールとローラ うきぐも城のひみつ」(02年)や「思い出のマーニー」(14年)の声優を務める。04年の前作「Mr.インクレディブル」以来、14年ぶりに母ヘレン(イラスティガール)の声を担当した。

元記事を読む
提供元: 毎日キレイの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理