1. トップ
  2. 旅行・おでかけ
  3. 透き通るエメラルドブルーの海で夏を満喫!犬同伴OKのビーチ「竹野浜海水浴場」&カヌー体験「海の家メリ」

透き通るエメラルドブルーの海で夏を満喫!犬同伴OKのビーチ「竹野浜海水浴場」&カヌー体験「海の家メリ」

  • 2018.7.26
  • 18048 views

コウノトリの郷、兵庫県・豊岡市にある但馬エリア最大の海水浴場「竹野浜海水浴場」。約1kmの美しいビーチは、「日本の渚百選」や、環境省の「日本の水浴場88選」にも選ばれている。東側ではワンちゃん同伴OKの「青井浜ワンワンビーチ」や「ワンワンカヌー」もあり、愛犬家にも重宝されている。<※情報は関西ファミリーウォーカー2018夏号(2018年7月9日発売号)より>

【写真を見る】遊びやすい白砂が続く竹野浜海水浴場のビーチ

青い海の前でハイ、チーズ!
KADOKAWA

抜群に青く美しい!関西屈指の絶景ビーチをまずは堪能

【写真を見る】遊びやすい白砂が続くビーチ。岩場で遊びたい場合は、海水浴場の東端へ行ってみよう!
KADOKAWA

名湯・城崎温泉にも近い、日本海に面する竹野浜海水浴場。山陰海岸ジオパークの一部で、約1㎞続くきめ細かい白砂のビーチからは、緑豊かな猫崎半島を望むことができる。環境省海水浴場の水質調査では最高ランクのAA認定を受けており、透明度が高くて足元まで見えるため子どもも安心。ここには大音量で音楽を流すような海の家はなく、昔ながらの風流な浜茶屋が8軒ほどしっとりと営業する。砂を落としてゴザの座敷に上がると、吹き抜ける浜風が心地よい。軽食やドリンクなども提供していて、海に入らないママも涼みながら夏を楽しめる。また、周辺にはさまざまなアクティビティがあるので、遊覧船やジオカヌー、ジオダイビングなどを体験して、海水浴場からは見えない美しい海岸線の景色に触れてみよう。

■竹野浜海水浴場 住所:豊岡市竹野町竹野17-22 電話:0796‐47-1080(たけの観光協会) 時間:~8/26(日)監視時間9:00〜17:00 アクセス:北近畿豊岡自動車道日高神鍋高原ICより40分、JR竹野駅より徒歩15分

神秘的な洞窟や天然記念物の岩へ「海の家メリ」のジオカヌーでGO!

鬼伝説の残る「淀の洞門」、天然記念物の「はさかり岩」「清瀧洞門」など、何万年もの歳月をかけて形成された名勝を巡るジオカヌーを体験できる。パドルを使って立ちながらこぐ話題のSUPや海を眺めながらのBBQなども人気!

それでは、カヌー体験をはじめよう!万が一の時に備えて救命胴衣もきちんと装着。ぬれてもいい服装で体験しよう。パドリングで筋肉痛にならないためにも、まずは準備体操からスタート!

カヌー体験の前には準備体操を
KADOKAWA

2人用の場合は体重の軽い方が前に乗る。澄んだ海の上をカヌーで進もう。海中が見えるクリアボトムタイプも(1人+1000円)ある。

「水面がキラキラ光って きれいだね!」
KADOKAWA

コースは多彩。淀の洞門を巡ったり、シュノーケリングを楽しむコースなども人気だ。

ジオカヌーで五感フル稼働!
KADOKAWA

乗り降りはスタッフがサポートしてくれるので安心。慌てると転覆につながるので注意して。

乗り降りはスタッフがサポート
KADOKAWA

カヌー体験を終えた感想は?

感動体験をレポート
KADOKAWA

日本海でのカヌーは初体験だったけど、川や湖のカヌーとはまた違って、すごく爽快で雄大な気持ちに。ゴツゴツした巨岩に圧倒されたり、潮の香りをかいだり、水しぶきがかかったり、五感を使って夏を目一杯堪能できました!

■海の家メリ 住所:岡市竹野町切浜1048 電話:090-3355-4047(受付8:00〜21:00) 時間:ジオカヌー要予約(9:00〜、11:30〜、14:30〜、16:30〜) 休み:なし 価格:カヌー1時間1人4500円、2時間1人7000円など 駐車場:10台(無料) アクセス:北近畿豊岡自動車道日高神鍋高原ICより40分、JR竹野駅より徒歩20分

併せて行きたい!「玄武洞ミュージアム」にも立ち寄り

「玄武洞ミュージアム」
KADOKAWA

玄武洞・山陰海岸ジオパークや、豊岡の杞柳細工、鉱物や化石などをわかりやすい展示で紹介。但馬牛など地元食材を楽しめるカフェや、特産品のかばんなどを販売するショップも。かご編みや石のペンダント作りなどの体験も可能。

■玄武洞ミュージアム 住所:豊岡市赤石1362 電話:0796-23-3821 時間:9:00〜17:00 休み:水曜日(繁忙期は営業) 入館料:中学生以上800円、小学生400円、5歳以上300円 駐車場:70台(無料) アクセス:北近畿豊岡自動車道日高神鍋高原ICより車で35分(関西ウォーカー・森田周子)

元記事を読む