1. トップ
  2. 映画『ダンスウィズミー』矢口史靖監督初のミュージカルコメディ、三吉彩花が歌って踊る

映画『ダンスウィズミー』矢口史靖監督初のミュージカルコメディ、三吉彩花が歌って踊る

  • 2018.7.25
  • 242 views

映画『ダンスウィズミー』矢口史靖監督初のミュージカルコメディ、三吉彩花が歌って踊る

映画『ダンスウィズミー』が2019年8月16日(金)、全国ロードショー。『ウォーターボーイズ』『スウィングガールズ』『ハッピーフライト』などを送り出してきた、矢口史靖監督初のハッピーミュージカルコメディ作品だ。

undefined
2019 映画「ダンスウィズミー」製作委員会

矢口史靖監督初のミュージカルコメディ

監督は、『ウォーターボーイズ』や『ハッピーフライト』、『サバイバルファミリー』の矢口史靖。ミュージカル作品を手掛けるのは今回が初めてだという監督は、当初、突然歌って踊り出すミュージカル映画には抵抗を感じていた。しかし、だからこそ「なぜ急に歌う!?踊る!?」という作品に対する疑問に答える映画を作りたかったという。

そこで思いついたのは、ミュージカルなんか全然したくないのにすることになってしまった女の子の話。一流企業で働くOLが、ある日突然催眠術にかけられてしまい、音楽を聴くといつでもどこでも踊らずに歌わずにいられないカラダになってしまい…という、突飛なようで身近なシチュエーションの物語を生み出したという。

主演は三吉彩花

主人公・鈴木静香を演じるのは、さくら学院の元メンバーで現在はモデルや女優業もこなす三吉彩花。応募者約500人という矢口作品史上最大級のオーディションで、見事主役に抜擢された。静香演じる三吉が突然、"ミュージカルスター"顔負けに歌って踊り出すシーンは必見だ。

主人公・鈴木静香を囲む俳優陣にも注目。舞台上で催眠術に掛かったフリをする斎藤千絵役には、お笑い芸人のやしろ優が抜擢。

静香と千絵が新潟で偶然出会う謎のストリートミュージシャン・山本洋子役には、本作で女優デビューを飾るchay。出会った瞬間に意気投合した3人は、一緒にストリ ートで歌を披露するのだが、洋子だけはだんだんと様子がおかしくなってしまい大暴れする事態に…⁈

また、静香と同じ総合商社で働く先輩エリート社員・村上涼介役には、映画『淵に立つ』『怒り』と出演作が続く若手実力派の三浦貴大が選ばれた。マーチン上田の捜索をする興信所の調査員・渡辺義雄役は、映画『銀魂』『銀魂2 掟は破るためにこそある』などで個性派俳優として抜群の存在感を放つムロツヨシが担当する。

また、「音楽を聴くと、歌わずに、踊らずにはいられない」催眠術を静香にかける重要人物、催眠術師・マーチン上田役は“映画界のレジェンド”宝田明が演じる。宝田がスクリーンで歌い踊るのは 54年ぶり。若手からベテランまで、日本映画界で活躍する豪華で出演者陣が日本発の最高に楽しいハッピーミュージカルコメディを作り出す。

ストーリー

自分にちょっと無理をしながら一流企業で働く鈴木静香は、催眠術である日突然、音楽を聞くと、いつでもどこでも歌わずに踊らずにいられないカラダに! 携帯の着信音、駅のホーム音、テレビや街中で流れるどんな音楽でも、自分の意志に反して勝手に歌って踊りだしてしまう・・・。仕事もお金も失った静香は、催眠術師を探して日本中を駆け回るが、果たして静香は元のカラダに戻れるのかー?歌い、踊り続ける中で彼女が最後に見つけた大事なものとは――。

【作品詳細】
『ダンスウィズミー』
公開時期:2019年8月16日(金)全国ロードショー
監督・脚本:矢口史靖
主演:三吉彩花、やしろ優、chay、三浦貴大、ムロツヨシ、宝田明
配給:ワーナー・ブラザーズ映画

元記事を読む