1. トップ
  2. ヘア
  3. 前髪を流すだけでイマドキヘアにランクアップ♡レングス別におすすめのスタイルをご紹介

前髪を流すだけでイマドキヘアにランクアップ♡レングス別におすすめのスタイルをご紹介

  • 2018.7.24
  • 42627 views

毎日の身支度のとき、鏡の前でなんとなくヘアスタイルが決まらないと悩んでいませんか?特に美容室でヘアスタイルを整えてから、時間がたってしまうとスタイリングが決まらない…ということもありますよね。

そんなときに試してほしいのが、前髪を流すスタイリング。前髪は顔の額縁ともいわれる大切なポイントなので、スタイリングをいつもと違う雰囲気に仕上げることで、全体的な印象を変えることができるんですよ。そこで今回は、前髪を流すスタイリングをレングス別にご紹介します。

ショートにおすすめの流す前髪

すっきりとした黒髪のショートヘアの前髪をナチュラルに流すスタイリング。トップに少し高さを加えて、縦長のシルエットを作ることで、顔型をすっきりと見せてくれています。

ベリーショートに近いフェイスラインがよく出るヘアスタイルですが、丸顔さんの顔型カバーにも役立つスタイリングですよ。

少し長めの前髪を大きくサイドに流したスタイリング。

ヘアワックスなどのスタイリング剤を使用して、毛先だけ少しウェットに仕上げているので、ヘルシーなのにほんのり色気を感じさせるヘアスタイルに仕上がっていますね。

明るめカラーの丸みがあるショートヘア。

柔らかなシルエットのこちらのようなショートヘアには、しっかりと前髪を分ける流し方ではなくて、少しだけ分け目をつけるスタイリングがおすすめです。

全体に重みを残しながら、前髪を流すことでできた、おでこの隙間が透け感をかもし出してくれますね。

前髪を長めに残したショートヘア。

こちらのように長い前髪も顔にかけながらサイドに流してあげると、おでこが少し見えて抜け感のあるヘアスタイルに仕上がります。

でもおでこのほとんどが隠れているので、おでこを出すのが苦手という方にもおすすめですよ。

こちらは全体的におでこを隠しながら前髪を流すスタイリング。トップの髪の毛と一緒の方向に流すことで、全体的に大きな流れができるスタイリングですね。

前髪の隙間からのぞく眉毛が、黒髪ショートのピュアさにちょっとだけセクシーさを出してくれます。

お出かけのときに真似したい、トラッドなスタイリング。

耳をすっきりと出したショートヘアと自然に流した前髪の組み合わせは、マニッシュでかっこいい雰囲気ですね。

柔らかめのジャケットなどと合わせて、女性らしさをプラスしています。

大人女子のショートヘアをイノセントな雰囲気に仕上げてくれる短め前髪。でもスタイリングがしづらいという方もいらっしゃいますよね。

そんなときには、毛先を少しだけ流すスタイリングがおすすめ。トップの毛束と一緒にさりげなく前髪を流すことで、大人っぽさが増すヘアスタイルになりますよ。

前髪を長く伸ばしたショートヘアをドライに仕上げたスタイリング。

ラフで柔らかな雰囲気を持つヘアに、ゆったりと大きく前髪を流すスタイリングがぴったりですよね。

長い前髪を大きく流すスタイリングは、女性らしさや色気を感じさせますが、毛先を外側にはねさせることでカジュアルな感じも出ています。

先ほどのヘアスタイルと似た雰囲気のショートヘアですが、ヘアワックスなどを使ってウェットに仕上げてあげることで、より女性らしい雰囲気が出ますよね。

束感を持たせた全体のスタイリングと、左右に流した前髪がよくマッチしています。

トップに高さをつけたショートヘア。

全体的に重さを残しているショートヘアをヘアアイロンなどを使って、トップの毛束を持ち上げて、そこから自然に流れるように前髪をスタイリングします。

こちらのように毛先を大きく強く流したいときには、ドライヤーなどを使ってクセをしっかりつけるといいですよ。

全体に長さがあるショートヘアに、長い前髪をサイドに向かって流すスタイリングは、大人っぽい雰囲気がよく出ますね。

前髪を自然に流しているように見えるスタイリングですが、長持ちさせるにはヘアワックスなどを使って手で形を作ってから、スプレーで崩れにくくするのがポイントですよ。

先ほどと同じショートヘアですが、ヘアアイロンなどを使ってカールをつけたことで、やわらかさを表現しています。

前髪も大きめのカールをつけて外はねするようにスタイリングすることで、パーティーシーンなどにも活用できる華やかな雰囲気を出すことができます。

ボブヘアにおすすめの流す前髪

お手入れがしやすいと忙しい大人女子に人気のボブも、前髪を流すスタイリングでより今時の雰囲気にランクアップできます。

こちらは毛先をサイドに流してから、内側に巻き込むようにカールさせて柔らかくて上品な雰囲気に。

同じような前髪の長いボブヘアでも、全体的に毛先を外にはねさせて、ラフに仕上げることでカジュアルな雰囲気に仕上げています。

先ほどのスタイリングから、毛先や全体に空気感をつけるように仕上げることで、雰囲気のまったく違うヘアに変身させられます。

こちらはよりエアリーな雰囲気を持たせたスタイリング。スタイリング剤をつけて動きを出した毛先に目がいきますね。

前髪はトップから流れをつけてサイドに持っていくことで、すっきりとしたボブヘアに仕上げています。

前髪とサイドの髪がほとんど同じ長さが特徴のボブヘア。

前髪は一度持ち上げるように立ち上げてから流すことで、大人の女性にぴったりな柔らかさを表現しています。

毛先には大きくカールをつけて、カジュアルな雰囲気をプラスしています。

先ほどよりも全体的にラフに仕上げたスタイリング。角度をつけずにサイドの方に流した前髪に、外にはねるくせをつけてかわいい雰囲気に。

ヘアワックスなどでウェットな質感にして、毛先にランダムな動きをつけ、セクシー過ぎない雰囲気に仕上げていますね。

ヘアアイロンやパーマなどでウェーブをつけたボブに、前髪をサイドに向かって流すことでアクセントをつけたスタイリング。

少し明るめのカラーリングとウェーブの柔らかな表情がすてきですね。ドレスなどとの相性もよさそう。

ダークなカラーリングに毛先のそろったボブヘアは、イノセントで上品。

そんなボブヘアの毛先を内側に巻いて、少し長めの前髪をゆったりと横に流すスタイリングは、清潔感があってどんなシチュエーションにもマッチしますね。

ナチュラルな雰囲気の短めボブ。少し厚めにおろした前髪の毛先をゆるくカールさせて流すことで、かわいい雰囲気をかもし出しています。サイドは空気感のあるスタイリングでふんわりと。

こちらは毛先にカールをつけて内側に巻いた前髪がかわいらしいボブヘア。

きちんと感のある少し長めのボブも、ラフにスタイリングすることで、カジュアルなファッションにあうヘアになりますね。カールさせた毛先を少し流すのがポイントです。

短めな前髪がかわいらしいボブヘア。サイドは耳にかけてすっきりと仕上げて、毛先だけをカールさせて元気な雰囲気をプラスしています。

前髪も毛先だけを少しカールさせて流しているので、全体的に動きを感じるスタイリングに。

こちらは束感を持たせた前髪の毛先をカールさせて流すスタイリング。

この前髪に内側にカールさせたボブを合わせると、大人女子にはちょっとかわいすぎる印象になってしまいますが、こちらのようなランダムなカールなら、日常使いもできるスタイリングになりますね。

ミディアムにおすすめの流す前髪

全体に大きめなカールをつけた毛先がエレガントなミディアムヘア。

そのまま前髪をおろしてしまうとガーリーな仕上がりになりますが、タイトめに前髪を流すスタイリングなら、きちんとした雰囲気が出るので、オフィススタイルにもぴったりですね。

先ほどと同じような全体に動きのあるミディアムヘアですが、ゆるいウェーブに厚めにおろした前髪を流すスタイリングで、大人の雰囲気の中にかわいらしさを感じさせるヘアに仕上がっています。

RELAXXさん(@relaxx_hair_make)がシェアした投稿 -

ラフでドライなスタイリングに束感のある前髪を合わせたミディアムヘア。

空気感のあるスタイリングに、自然な雰囲気で流した前髪が余裕のある大人カジュアルにぴったりなヘアスタイルです。

少し長くなってじゃまな前髪も、こちらのようにサイドに向かってタイトめに流すことで、すっきりと仕上げることができますよ。

カールをつけたり、タイトにしたり前髪の長さを調節しながら、その日のファッションに合わせたスタイリングを楽しみましょう。

二ノ宮 隆さん(@takashi20380329)がシェアした投稿 -

軽く内側にカールをつけて流した前髪。つややかに仕上げることで、ヘアアクセサリーなどをつけていないのに華やかな雰囲気に仕上がっています。

カールは外はねにすることで、元気な感じも出るのでゴージャス過ぎないですよね。

ここまでご紹介した流す前髪には、片側に流しているスタイリングが多かったのでが、こちらのように左右に流すとピュアなかわいらしさが出ますよ。セミウェットに仕上げると、大人っぽい雰囲気も。

明るめカラーのミディアムをラフで動きのあるスタイリングに仕上げています。

こちらのように厚めの前髪を流すスタイリングだと、落ち着いた雰囲気に仕上げることができますよ。

RELAXXさん(@relaxx_hair_make)がシェアした投稿 -

ストレートヘアを内側に巻くと、カールした部分につやが出て、健康的な髪の毛をアピールできますね。ナチュラルにサイドに流して、動きもプラス。

おでこがところどころ見えて、抜け感のある流す前髪。サイドはすっきりとまとめて、毛先にだけ動きを出すことで、どんなシチュエーションにもあう万能スタイリングになりますよ。

前髪が長いミディアムヘアも、少しおでこにかかるように流した前髪をプラスして、流れを感じさせるヘアスタイルに。

片側を耳にかけてすっきりさせながらも、毛先に大きなカールをつけてゴージャスに仕上げています。

ロングヘアにおすすめの流す前髪

マンネリな印象になりがちなロングヘアも、流す前髪をプラスすることで今時のスタイリングになりますよ。

こちらはフェイスラインにレイヤーが入っているロングを、あえてストレートで仕上げて、前髪を流すことで流れのあるヘアにしています。

ゆるめのウェーブとドライなスタイリングで、無造作な雰囲気に仕上げたロングヘア。

少し長めの前髪に細かな束感を持たせて流しています。全体的にラフでゆとりを感じさせるヘアスタイルですね。

フェイスラインの毛束にだけウェーブをつけて、動きを出したロングヘア。前髪は束感のある流す前髪に仕上げて、全体のふんわりとした雰囲気に合わせていますね。

太めの束に分けた前髪が印象的なロングヘア。ダークブラウンのカラーリングと、ゆるめのウェーブ、そして無造作に分けたような流す前髪で、ナチュラルな外国人風ヘアに仕上げています。

ゆるく大きめのウェーブが少しワイルドな雰囲気のロングヘア。

かきあげたような立ち上がりのある前髪をサイドに流して、フェイスラインをすっきりと仕上げています。

ヘルシーな雰囲気の中に大人の色気も感じさせるスタイリングですね。

こちらも全体的に大きくてゆるめのウェーブをかけているのですが、ドライなスタイリングなのでナチュラルな印象が強いですよね。

前髪にもカールをつけてわざと目にかかるように流したスタイリングです。

流す前髪を使ったアレンジヘア

流す前髪はアレンジヘアと一緒に使うと、いつもと違ったアレンジが作れますよ。

こちらはゆるめのウェーブをつけたロングヘアの片側を耳にかけて、ヘアクリップでとめているアレンジ。立ち上げをつけて大きく流した前髪のボリュームに目をうばわれますね。

後頭部の低めの位置でまとめたアレンジヘアに、左右に分けた流す前髪をプラスしたスタイリング。

前髪をナチュラルにおろしてしまうと地味な印象になってしまいますが、センターよりも少し横で分けた前髪をサイドに向かって流すことで、フォーマルな雰囲気になりますね。

厚めにとった前髪をナチュラルに流すスタイリング。編み込みを使ったアップスタイルはきちんと感が強くなりがちですが、厚めの流す前髪でかわいらしさも感じるヘアですね。

ラフなアップスタイルに大きめのカールをつけ、流す前髪をプラスしたスタイリング。

トップの高さやカールした後れ毛など、ドレッシーなファッションにも使えるアレンジですね。花を使った装飾も似合いそう。

2つのお団子を作った日常使いできるアップスタイルに、束感を持たせてサイドに流した前髪が、カジュアルな中にも大人っぽい雰囲気を感じさせてくれるスタイリング。

同じお団子アレンジも前髪次第で印象を変えられますよ。

全体的にヘアワックスなどでウェーブをつけたヘアをまとめたアレンジヘア。

ゆるめのアレンジは覚えておくと、日常のお出掛けのときにカジュアルなファッションもワンランクアップさせられますね。

前髪は束感を持たせて、流すことで動きのあるアレンジに仕上がっています。

短めの髪の毛を三つ編みでまとめて、サイドの髪を少し長めの後れ毛にしているアレンジ。

三つ編みを崩しぎみにすることで、気張りすぎない柔らかなアレンジにしています。

前髪はセンターに近い位置で分けてからナチュラルにサイドに流しています。

いつものポニーテールも、毛先をカールさせて大きく流す前髪をプラスすると、お出掛けにぴったりの雰囲気ですね。

後れ毛の毛先を強めにカールさせて、かわいらしい雰囲気を作っています。

最近では季節に関係なく、帽子を使ったファッションを楽しむ人が増えていますね。でも前髪がうまく決まらないと悩んでいる人もいるのではないでしょうか?

そんなときにも流す前髪がおすすめ。少し長めの前髪でもサイドに流してあげることで、すっきりと仕上がりますね。

ファッションの分野で人気のスカーフ。今年はヘアアレンジにも活用してみましょう。

スカーフで頭全体を覆うアレンジのときには、流す前髪で動きや表情をつけてあげるとおしゃれです。

こちらのように軽く束感をつけて流す前髪なら、清潔感が出ますね。

まとめ

レングス別に流す前髪のスタイリングをご紹介しましたが、自分にあったスタイリングはありましたか?

一口に流す前髪といっても、前髪のボリュームや流す方向などによってイメージが変わります。今回の内容を参考に、自分のヘアスタイルにあった流す前髪にチャレンジしてみてくださいね。

元記事を読む