1. トップ
  2. 恋愛
  3. 話を聞いてくれない彼を“聞き上手”な彼に変身させる方法5つ

話を聞いてくれない彼を“聞き上手”な彼に変身させる方法5つ

  • 2018.7.24
  • 4405 views

カップルのケンカの大半がコミュニケーション不足によるもの。こっちはいろいろ話しかけているのに彼がちっとも話を聞いていないというのはよくあるパターンです。
そこで今回はそんな彼を“聞き上手”に変身させるコツをまとめてみました!

彼を“聞き上手”に変身させるコツ

1. ダラダラ話し続けるのはNG、要点をはっきりと的確・手短に!

「仲の良い女友だちとなら何時間でも話せるって彼女が言っていたけど男には絶対ムリ。延々と話が続くような時間がそもそも耐え難いと思うのです。まず初めに要点をはっきりまとめて、そしてなるべく手短に話してもらいたい」(30代/男性)

▽ 女友だちと同じ感覚で話そうとするのがそもそも間違いみたい。男子には男子の“対話プロセス”があることを知って、なるべく話は短めに、要点をピンポイントで伝えるべきでしょう。

2. 遠回しな言い方や本音を隠して遠慮するような話し方は通じない!

「男女でコミュニケーションに違いがあることは分かっているので、遠回しな言い方や遠慮は恋人同士ならなおさらやめて欲しい。スパッと本音を言ってくれる彼女のほうが付き合っていてラクで、問題も少ないと思います」(20代/男性)

▽ 相手に遠慮したり、嫌われたくないという思いから、せっかくの話し合いの場でも言いたいことや本音を言えずにお茶を濁してしまう人も。これでは望むようなコミュニケーションにはなりません。

3. 言いたいことを伝えた後は、きっぱり話すのを止める!

「結論が出たことなのにまた話が堂々巡りになっている、ということに気づいていない女子って多くないですか。『なんで同じ事また言っているんだろう』と不思議な気になってきてだんだん面倒になってきます」(20代/男性)

▽ 女子に比べると男性は話をよりロジカルに捉え、結論らしきものが見えたら、会話も終了モードに入ってしまうようです。話が長くなり過ぎないというのは実は大事なポイントです。

4. 話をするタイミングを読み間違えない!

「話が大事なのは分かってる。でもタイミングも大事。仕事で心底疲れている時やお酒が入っている時にいきなり大事な話を持ち出されても困る。自分が話したい時に一方的に話しておいて、『聞いてない』って責められても不公平だなって思う」(30代/男性)

▽ “今すぐ彼に話したい”という気持ちだけて突っ走っていませんか。それでは彼だって心の準備ができなくて戸惑うばかり。ゆっくり話し合う時間を予め決めておくのも一つの手段です。

5. 感情的になってはダメ、自分の気持ちだけでなく相手の気持ちを大切に!

「いつも感情だけで動いて、しゃべっているような彼女は疲れますね。そういう人ほど相手の気持ちを考えないで、自分の気持ちばかり大事にしている。話をするときは、相手の意見や考え方にも柔軟でいないといいコミュニケーションなんて取れない」(20代/男性)

▽ 恋人同士ならなおさら感情的にならず、一歩下がって相手の気持ちや反応を思いやる余裕や配慮が欠かせないでしょう。感情的な態度は彼を辟易させるだけです。

オリジナルサイトで読む