1. トップ
  2. 平手友梨奈が鮎喰響と完全シンクロ!『響』原作再現ビジュアルが一挙到着

平手友梨奈が鮎喰響と完全シンクロ!『響』原作再現ビジュアルが一挙到着

  • 2018.7.24
  • 1064 views

ビッグコミックスペリオールで2014年から連載がスタートし、コミックスの累計発行部数は160万部を突破。さらに「マンガ大賞2017」では大賞に輝いた柳本光晴の「響〜小説家になる方法〜」を、『君の膵臓をたべたい』(17)の月川翔監督が実写映画化した『響 -HIBIKI-』が9月14日(金)から公開。このたび本作から、原作コミックの表紙を完全再現したビジュアルが一挙に到着した。

【写真を見る】てちの艶やかな着物姿も!国内屈指のクリエイターがこだわり抜いた“完全再現”

本作はスマートフォンの普及によって活字離れが進み、出版不況に陥った文学界に突如として現れた圧倒的な才能を持つ15歳の少女・鮎喰響を軸に、周囲の人々の心の葛藤を描きだしたヒューマンドラマ。人気アイドルグループ・欅坂46の不動のセンター、平手友梨奈が映画初出演で初主演を飾ることにも大きな注目が寄せられている。

このたび到着したビジュアルは全部で5枚。原作コミックの第1集から第5集までの表紙に映る主人公・響の姿を、同じ衣装&同じアングルで平手が完全に再現している。しかもこの企画の発案者は平手自身。原作の世界観に共感した彼女が、響とシンクロするビジュアル再現を熱望し、“完全に再現すること”にこだわったという。

大きな本棚の前で椅子に腰掛けた響が、窓から射し込む光を受けている第1集の再現ビジュアルでは、様々なアニメやマンガの世界をリアル化する世界的なグラフィックプロジェクト「ANIMAREAL」が担当して制作。また、艶やかな着物に身を包んだ第4集の再現は『シン・ゴジラ』(16)や『BLEACH』(公開中)などのVFXを手がけたピクチャーエレメントが担当。日本を代表するクリエイターが集結し、細部にまでこだわり抜かれた奇跡のビジュアルが完成した。

映画と原作をつなぐこのビジュアルの完成度の高さに、原作者の柳本は「平手さんが本当にしっくりくる」と大絶賛。そして「パッと見て感動するくらいうれしかったですし、ひとつひとつにこだわりを感じました」と、喜びのコメントも。一方で企画の発案者である平手は「意外と細かいところまで再現するのが難しかったです」とその苦労を明かし「見る人によっていろんな意見が分かれると思いますが、見ていただけたらうれしいです」と、原作への敬意を感じさせるコメントも。

今回のビジュアルを見るかぎり、映画本編中でも原作への深いリスペクトがなされ、ファンの期待を裏切ることのないビジュアルが作られていることは間違いないだろう。月川監督の確かな演出力と豪華俳優陣の共演に加え、原作再現度の高さからも目が離せない!(Movie Walker・文/久保田 和馬)

元記事を読む