1. トップ
  2. 恋愛
  3. そろそろ帰ろっか…!男がガッカリする「夏デートNGファッション」4選

そろそろ帰ろっか…!男がガッカリする「夏デートNGファッション」4選

  • 2018.7.23
  • 5120 views

夏は軽い素材感でヘルシーな肌見せができ、自由にファッションが楽しめる季節ですよね。
そんな季節だからこそ、男性が「これはちょっと……」と思ってしまう服装もあります。
今回は男がガッカリする「夏デートNGファッション」を、4つ紹介していきます。

(1)レギンスファッション

『脚出した方が絶対涼しいって!』(28歳/IT)

こちらは王道の「男性不人気アイテム」です。
女性からすると細見えが叶う便利なレギンスですが、男性からするとなかなか理解できないようです。

実際着ていると涼しいのですが、男性から見た目はタイツを履いているような状態。
真冬のファッションと同じような印象を与えるのです。
中にはランニングのユニフォームに見えるという意見も……。

そして生足を支持する男性は多く、レギンスはその対極。
「生足に自信がなくて肌を隠している」とネガティブに感じる人もいるんだとか。

(2)下着が透けている

『いや、もうなんかいい歳こいて、そんなことにも気づけないのかって……』(34歳/人事)

トップス腰に下着の色が分かったり、下着のラインが響いていたり。
その状況を見ると男性は率直に「下品だな」と感じてしまいます。

当たり前ですが、下着は本来人に見せるためものではないですよね?
相手の男性に下着が透けて見えているというのは、その他大勢の人にも見えている状態。
そうなると一緒に並んで歩いている男性も恥ずかしい気持ちになってしまいます。

(3)アウトドアでのハイヒール

『周りのみんなが気を遣わなきゃいけない状況を作り出してることについて、どう思ってるのかな』(26歳/営業)

夏といえばアウトドアの季節。
バーベキューにキャンプにお祭りなど、男女の仲が深まるイベントが盛りだくさんですよね。

こういったイベントごとにはTPOを考えた服装で挑むもの。
ところが、こういった場所におしゃれなハイヒールを履いてきてしまう女性もいます。
どうしても足場が悪い所が多いため、こうなると1日中足元を気にして過ごすことになりますね。

それよりも、ぺたんこなスニーカーで思い切り楽しむ女子の方が、アウトドア系男子には好印象でしょう。
普段ハイヒールでキメている女性も、たまにラフな格好をするといいギャップを与えるはず♡

(4)過激すぎる露出

『その露出は誰に向けてなの?』(30歳/銀行)

近年、海外のプチプラブランドも充実し、露出の多い洋服も買い求めやすくなってきました。
しかし、海外の開放的な趣向と日本のおしとやかな文化は、未だ差異があるといえるでしょう。
胸元やへそ、背中、腰などといった部分がザックリと開いた服装は、デートには不向き……。

デコルテや手首、足首の露出はファッションに抜け感を与えるうえで重要です。
生足も男ウケ抜群ですよね。
ところが、過度な露出にならない程度で留めるようにしましょう。

----------

基本的には涼しげかつ下品だと思わせない格好であれば大丈夫かと思います。
夏こそファッションが楽しめる季節。
ほど良い肌見せを使って、気になる相手を虜にしてしまいましょう。

(文/恋愛jp編集部)

元記事を読む