1. トップ
  2. 恋愛
  3. え、最初だけ…?「釣った魚に餌はやらない」男性の見分け方3選

え、最初だけ…?「釣った魚に餌はやらない」男性の見分け方3選

  • 2018.7.21
  • 47432 views

付き合う前は口説き文句にプレゼントと愛情たっぷりだったのに、付き合ってからはテンション下がっちゃう彼……。俗にいう「釣った魚に餌はやらない」タイプです。

女性からすると、気分が盛り上がったところで突き放されちゃうので不毛な恋愛になりがち。できることならそんな恋愛は避けたいですよね。

「釣った魚に餌はやらない」タイプを見抜けるように分析してみましょう。

いわゆる「男らしい」人

「仕事もできる雰囲気で自信に満ちたオーラの彼。そんな彼が口説いてくれて有頂天だったのですが、付き合ってしばらくしたら関心が私から離れていきました。なんか、ゲットするまでが楽しかったみたいです」(24歳/小売り/女性)

草食系男子とは対極をなす「男らしい」人。要注意です!リードしてくれたり頼もしかったり、その男らしさに惹かれますが、それは自分本位の裏返しであることも多いもの。自分が興味を失えば、手放すのも早いのです。

「女性には言えないけど、自分にとって恋愛とは付き合うまで。この子を落とせるかどうかって自分の価値が試されてる感じがしてハマってしまう」(26歳/自動車/男性)

男性らしさが強い人は、男性がDNAに持っているという狩猟本能も強いのかもしれません。追いかけてハンティングするのが本能で、維持・管理には興味が向かないのかも……。

多趣味な人

「季節ごとに『〇〇を最近初めてさぁ』って言っていた友人。その季節ごとに彼女も変わっていた印象。フットワークは軽いけど飽きっぽいから彼女にはなりたくないなぁと思った」(27歳/会計/女性)

趣味が多い人も「釣った魚に餌はやらない」タイプかも?!趣味が広く浅くな人は女性に対しても同様の傾向を示しがち。

特にお金をかけて用具をそろえたけど、そんなに使わないうちにお蔵入りになっているパターンが多い人は、準備までが楽しくて趣味そのものには情熱を注ぎ続けられない性格かもしれません。

デートが派手な人

デートでは絶対おごってくれて、エスコートもばっちり!プレゼントもいろいろくれて、こんな人と恋人になれたら幸せ!と感じさせてくれる人にも気をつけて!

そんな生活、ずっと続けられると思いますか?よっぽどのセレブでなければ長続きしません。付き合うまでだからがんばれるのです。

「付き合うまではがんばってしまう。だって絶対その子と付き合いたいから。でも付き合い始めたら同じペースは無理かな。よく言えば彼女になった安心感。無理せず素の自分を出せてる、と受け取ってほしい」(28歳/医療関係/男性)

金銭面だけでなく、「かわいい」「大好き」と言葉の面でも派手な人も要注意です。お金でも情熱でも、そのテンションを長く維持できるのかを冷静に考えれば、付き合った後の落差にも気づけるのでは?

おわりに

男性でも女性でも、付き合う前や付き合った直後というのは盛り上がりも最高潮で、日常になるにつれ愛情の形は変化していくものです。

変化がすべてダメというわけではありませんが、長く大切にしてもらいたいのも女性の本音。

「釣った魚に餌はやらない」タイプの男性に捕まらないように、この見分け方を参考にしてみてくださいね!

(愛カツ編集部)

元記事を読む