1. トップ
  2. メイク
  3. 内側から輝く肌に。素肌の色ツヤを底上げする新感覚コスメ

内側から輝く肌に。素肌の色ツヤを底上げする新感覚コスメ

  • 2018.7.20
  • 5097 views

数々のトレンドが生み出されるランウェイ。2018年春夏コレクションでは、思わず見入ってしまうようなネオンカラーのアイシャドウや反対にシンプルなシャンパンカラーのみで仕上げたアイメイク、ゲジゲジのひじきまつ毛、そしてそれに反して何も付けない「すっぴんまつ毛」など、数々の相反するメイクトレンドが見られました。

ベースメイクについて注目してみると、そのトレンドは一貫して「ツヤ」がキーワードになっていました。

Charlotte Tilbury
LBR

コレクション別!ベースメイク考察

・ステラ・マッカートニーやジバンシーのコレクションで見受けられた、ファンデーションを付けない「素肌勝負」のベースメイク

・バルマンなどが代表する、アイメイクやリップメイクを極力抑え、肌質だけで素肌感を演出する「究極のナチュラルメイク」

・サンローランなどが魅せた、ハイライターではなくファンデーションでハイライト効果を演出した「ツヤ肌メイク」

「テカっている」のとは違う、内側から輝くようなツヤ肌がキー。実はこのトレンドを叶えてくれる、とてもユニークな商品があるんです。

Hollywood Flawless Filter
LBR

それが、イギリスのメイクアップアーティストが立ち上げたブランド「Charlotte Tilbury(シャーロット・ティルベリー」の「Hollywood Flawless Filter」。

下地でも、ファンデーションでも、ハイライトでもない。まったく新しい「Complexion Booster」というカテゴリの商品です。

Complexionとは、顔の色ツヤのこと。その名の通り、素肌の色ツヤを底上げしてくれるアイテムなのです。

Hollywood Flawless Filter

30ml 5,066円

Hollywood Flawless Filter
LBR

現時点で、7色展開のHollywoord Flawless Filter。

・01 ニュートラル系のベージュ
・02 ピーチベージュのベースが顔を健康的に見せてくれるカラー
・03 ピーチ味のあるニュートラルカラーで、02に比べると黄味が強め
・04 ゴールド系のイエロー
・05 小麦肌にしっくり馴染むキャラメルカラー
・06 ディープスキン向きのアンバー
・07 ディープブロンズ

今日ご紹介するのは、ピーチトーンの02番です。

コンシーラーのようなスポンジアプリケーターの付いている、Hollywood Flawless Filter。お好みにあわせて、様々な使い方ができます。

ベースとして

ファンデーションを付ける前に、ベースとして使って。エアブラシポリマーが、毛穴の目立たない滑らかなお肌に整えます。顔全体に伸ばしても、光を受けたい箇所だけに付けてもOK。

ファンデーションに混ぜて

リキッドファンデーションに混ぜることで、下地として使うよりもナチュラルなツヤを演出して。粒子の細かいパウダーが小じわや毛穴をカバーしながらツヤをプラス。ファンデーションを単体で使うよりも、立体感のある仕上がりに。

ファンデーションの上から

「ここに光を集めたい」という箇所を狙って、ハイライターのようにポンポンと指で馴染ませて。グロッシーオイルがツヤを与えてくれるだけでなく、パウダーハイライターのベースとしても使えます。

ワンランク上の素肌に

単体で使うことで、輝くような素肌に仕上げることも出来るんです。カバー力はほとんどないのですが、色味を軽く補正しながらヘルシーなツヤ肌に。上から軽くパウダーを重ねることで「ほどよく透けるツヤ」を手に入れて。

スウォッチ
LBR

※上から Hollywood Flawless Filter単体、同ブランドのMagic Foundation(色番号:3.5)単体、Hollywood Flawless Filter+Magic Foundation。

単体の立体的なツヤ感もとても綺麗ですが、ファンデーションの下に仕込んだときの「透けるツヤ」も上品。

その日に目指す仕上がりによって、顔全体に付けたり、鼻筋や頬骨だけに絞ってみたり。どんな使い方をしてもふと鏡を見た瞬間に「あ、今日の肌、良いな」と思わせてくれるのです。

光を反射する箇所 つまり鼻筋、おでこ、頬骨、あごといった普段ハイライターを付ける場所に予めHollywood Flawless Filterを付け、いつも通りファンデーションを重ねれば、顔にこの上なく自然な立体感が生まれます。

更に上からもHollywood Flawless Filterを重ねて「サンドイッチ形式」にしても良いし、上から手持ちのハイライターを重ねてもOKです。

Charlotte Tilbury
LBR

使い方によって、お肌に様々な表情を与えてくれる、新しいジャンルのアイテム。小じわや毛穴をカバーしてくれる下地としての働きもあり、光を操るハイライターとしての働きもあり。

組み合わせるファンデーションはマット〜セミマットをチョイスして、質感のコントラストを楽しむのも◎。これひとつで、のっぺり平面メイクから開放されますよ。

この夏、バランスの良いツヤ肌を手に入れたい方は必見のアイテムです。

※価格は全て編集部調べ

ライタープロフィール

ビューティブロガー・Nicole

海外コスメに目がないビューティブロガー。東京、時々ロンドンを拠点とし、常に美容情報を収集中。

元記事で読む