1. トップ
  2. グルメ
  3. 愛知・安城のソウルフードとして大人気!あの「北京飯」が家庭で再現できるタレが発売!

愛知・安城のソウルフードとして大人気!あの「北京飯」が家庭で再現できるタレが発売!

  • 2018.7.19
  • 2661 views

「中国料理 北京本店」(愛知県安城市)の「北京飯」は、“安城のソウルフード”と称される大人気のメニュー。ご飯の上に、特製のタレで味付けされた半熟卵と豚肉の唐揚げがのった、濃厚でガッツリ系の一品だ。そんな「北京飯」が家庭でも味わえる、専用の調味料「極・北京飯のたれ」(540円)が2018年7月18日(水)に発売された。北京本店をはじめ、ヴィレッジヴァンガード安城店など、安城市内の一部の店で購入できる。

【画像を見る】再現度は驚異の95パーセント以上!? 「北京飯」を家庭で簡単に!

【画像を見る】再現度は驚異の95パーセント以上!? 「北京飯」を家庭で簡単に!
KADOKAWA

“安城のソウルフード”を家庭で再現!

「北京飯」は、県外にも多くのファンを持つほどの人気ぶり。「食べてみたいけど、安城まで行く機会が少ない…」そんな人のために作られたのが、「極・北京飯のたれ」だ。

作り方は簡単。まずは卵と「極・北京飯のたれ」を混ぜ合わせる(A)。フライパンを中火にかけ多めの油を入れて熱したら、(A)をフライパン全体に広げよう。軽く混ぜたら半熟状態で火を止め、すぐに皿に移す。最後に、好みのからあげなどをのせたら完成だ。

安城のソウルフード「北京飯」。ヤミツキになる人多数の一品だ
KADOKAWA

「極・北京飯のたれ」のレシピ集もゲットしよう!

「極・北京飯のたれ」は「北京飯」だけでなく、アレンジ自在な万能調味料でもある。そのアレンジ力を活かして、ガッツリかつおしゃれな中華料理のレシピ集も作られることに。売り場にあるレシピ集も合わせてチェックして、このタレを最大限活用しよう!

「北京飯」だけでなく普段の家庭料理にも役立つ万能なタレだ
KADOKAWA
「極・北京飯のたれ」と鶏ガラスープの素で作る「中華風煮込みハンバーグ」
KADOKAWA
「極・北京飯のたれ」とカレー粉で作る「麻婆カレー」
KADOKAWA

「極・北京飯のたれ」をゲットすれば、「北京飯」のおいしさを気軽に楽しめる。さらに、1本持っていれば家庭料理の幅がぐんと広がる。これは手に入れるしかない!!(東海ウォーカー・栗本柚希)

元記事を読む