1. トップ
  2. ファッション
  3. ジョン・ガリアーノからマリア・グラツィア・キウリへ。「ディオール」の伝説的バッグが復活。

ジョン・ガリアーノからマリア・グラツィア・キウリへ。「ディオール」の伝説的バッグが復活。

  • 2018.7.19
  • 968 views

ジョン・ガリアーノからマリア・グラツィア・キウリへ。「ディオール」の伝説的バッグが復活。

2018.07.19 22:00

【さらに写真を見る】ジョン・ガリアーノからマリア・グラツィア・キウリへ。「ディオール」の伝説的バッグが復活。

2000年春夏コレクションでデビューするや瞬く間に大ヒットしたディオールの「サドル」バッグが、現アーティステック ディレクターのマリア・グラツィア・キウリによって復活。乗馬の世界から着想を得たアイコニックなフォルムとゴールドの“D”はそのまま、より快適な機能性と多様なデザインをまとって登場する。発売は、2018年7月19日(木)!

「サドル」バッグ 本体 H25.5cm ¥360,000

「サドル」バッグ 本体 H25.5cm ¥670,000

「サドル」バッグ 本体 H25.5cm ¥360,000

〈左〉「サドル」バッグ 本体 H19.5cm ¥290,000

「サドル」バッグ 本体 H25.5cm ¥670,000

〈左〉「サドル」バッグ 本体 H19.5cm ¥290,000

「サドル」バッグ 本体 H19.5cm ¥650,000

「サドル」バッグ 本体 H19.5cm ¥650,000

「サドル」バッグの製作過程

「サドル」バッグの製作過程

新たに解釈された「サドル」バッグは、ミディアム/ミニの2サイズ展開。ラインナップするのは、モノクロームレザーモデル、「ディオール オブリーク」キャンバス モデル、1970年代調のパッチワークに“PEACE AND LOVE DIOR”のメッセージが配されたモデル、鮮やかな色彩のデッサンをもとに手作業で繊細な9つの刺しゅうがほどこされたモデルの全4型。エスニックショルダーストラップにはフリンジとメタルピースが散りばめられ、クロスボディスタイルが解放感漂うムードを演出する。

マリア・グラツィア・キウリは新たな「サドル」バッグについて、以下のように解説。「シャツやジャケットのように身に着けるこのバッグは、ストラップの仕様が快適でその存在を忘れてしまうほど。実用的でもあるのは、必要なもの全てを携えて持ち運べるようにするため。また、実用性を求めてバッグをより大きく丈夫にするだけでなく、同時にとてもカラフルであり、刺しゅうやビーズをほどこしたフリンジを添えて、カメレオンのように、あらゆるシチュエーションに合うアイテムにしたかったのです」。

ゴダール監督の名作映画『女は女である』をモチーフにしたキャンペーンビジュアルとともに、新たな「サドル」バッグをチェックして。

TEXT:TOMOMI HATA

元記事を読む