1. トップ
  2. 恋愛
  3. 失恋とセッション【彼氏の顔が覚えられません 第16話】

失恋とセッション【彼氏の顔が覚えられません 第16話】

  • 2015.2.26
  • 2622 views

「…ここにイズミちゃんがくるってことは、カズヤ自身から聞いたんだよ。きのう、LINEで…。『イズミが明日、部室にチョコ持ってくるってよ』って。それ、カズヤに渡すってことじゃないのか? って聞いたら、『俺はデートの約束があるから』って」

“デートの約束”…。

「てっきりイズミちゃんとのデートだって思ったけど、違うってことなんだよ、ね…?」

先輩の質問に、コクリと頷いた。頷くしかなかった。

そして、先輩を残して部室を飛び出す。割れたチョコレートの箱を抱えたまま、キャンパスの中を駆ける。参考書を持つ受験生たちをかきわけ、ときどきぶつかっても、謝りもせずに。

そんなところにいるはずもないのに、ただ、消えた彼の背中を探す。こんな、恋愛沙汰とは無関係の入試当日のキャンパスの中を。

と、石につまずく。バタッと派手に転ぶ。手から箱がすり抜け、また地面に叩きつけられる。近くにいた誰かがその箱を拾う。在校生か、受験生か。「大丈夫ですか」と言って、手を差し伸べる。

その顔を見て、ハッとする。目が、眉が、口元が、ぐねぐねと動いている。表情が読みとれず、厚着して体のラインもわからないから、男か女かも区別がつかない。

そこでようやく気づく。万一このキャンパス内にカズヤがいたとしても、私には彼を判別する手段すらないということを。私はもともと、恋なんてすべき人間じゃないのだ。

「ありがとう、大丈夫です、大丈夫」そう言いながら、性別もわからない人の手を借りて立ち上がり、落としたチョコレートの箱を受け取る。包装紙の一部が無惨に破れている。中のチョコレートは、さらに細かく砕かれたに違いない。

きびすを返し、とぼとぼと部室棟に戻る。また、ギターの音が聞こえている。部室の扉を開けると、男性が一人。

「…お帰り、イズミちゃん」

「ただいま、先輩」

やっぱり、カズヤなわけはない。再びソファに座る。弾くのをやめたギターを両膝の上で休ませながら、先輩は言う。

「この部室に戻ってきたの、何ヶ月ぶりくらいだっけ」

「夏の合宿以来ですから、もう半年くらいですかね」

「そうか…ごめんね。俺があんなこと言っちゃったばっかりに、いずらくさせちゃったんだよね…」

「そんな、うぬぼれないでくださいよ。先輩の告白くらいで、いちいち動揺したりしません。単に飽きただけです」

「ははっ、そうか。相変わらず手厳しいな」

言うと、先輩は立ち上がり、部室の端に立てかけてあったヤマハの練習用のフォークギターを取る。

「けど、きょう一日だけでも戻ってきてうれしいよ」

と言い、私に渡す。あと、ポケットからピックも。

「久々にセッションしよう」

「私、ギターたこもなくなっちゃってますよ。なるべくコード簡単なやつでお願いします」

「…じゃあ、スピッツの『チェリー』かな…」

「このタイミングでその曲ですか? 選曲、最悪ですね」

「あ、ごめん…じゃあ…」

「いいですよ。『チェリー』、やりましょう」

それから。

二人で『チェリー』を弾き続ける。何度も何度も。受験の日なのに、校舎の外に音が漏れたら大変なことになるに違いないのに、それさえ忘れて大きな声で歌う。

午後3時ごろ。「疲れました、帰ります」と言って、ギターを置き、部室を出ていこうとする。

「あ、チョコ忘れてるよ」

先輩の言葉に、振り返って言う。

「あげます、先輩に。イヤじゃなかったら、もらってください」

「え、それって…」

「勘違いしないでください。義理です」

キッパリそう言い、部室を去る。

(つづく)

目次ページはこちら

【恋愛小説『彼氏の顔が覚えられません』は、毎週木曜日配信】

(平原 学)