1. トップ
  2. 旅行・おでかけ
  3. 今年の夏は川を満喫!愛知県のおすすめ水辺スポット5選

今年の夏は川を満喫!愛知県のおすすめ水辺スポット5選

  • 2018.7.18
  • 1623 views

自然豊かな愛知県は水辺スポットの宝庫!水遊びはもちろん、BBQやハイキング、川魚つかみなど、楽しみ方はさまざまだ。そこで今回は、名古屋市内から2時間以内で行ける愛知県の水辺スポット5つを紹介する。

【写真を見る】山頂までの2時間弱のコースの道中には、くらがり八景と呼ばれる名勝が続く/くらがり渓谷

くらがり渓谷|荒々しい岩場と清流&森林の競演

「本宮山県立自然公園」の南西部に位置。絶景が広がる本宮山山頂を目指すハイキングも人気/くらがり渓谷
KADOKAWA

乙川の支流である男川の源にある「くらがり渓谷」(愛知県岡崎市)。清涼感あふれる自然の中で、水遊びやデイキャンプ、釣り、BBQ(要予約)、川魚つかみ(池1区画3000円)が満喫できる。渓谷に息づく植物や、滝などをゆっくり観賞できる川沿いのハイキングも人気だ。

岩屋堂公園|鳥原川をせきとめた天然プール

「岩屋堂公園」を流れる鳥原川の支流沿いにある「暁明ヶ滝」
KADOKAWA

「岩屋堂公園」(愛知県瀬戸市)では、鳥原川をせきとめて整備した天然プールが9月2日(日)まで楽しめる。流れの穏やかな浅瀬で水遊びができるほか、9月下旬(※)まではBBQサイト(中学生以上300円ほか、前日までに要予約)もオープンする。※9月8日(土)からは土曜、日曜、祝日のみ

王滝渓谷|巨岩、奇岩が続く迫力の景観

148mの高低差がある渓谷「王滝渓谷」。巨石や奇石が続くその姿は迫力満点だ
KADOKAWA

巴川の支流・仁王川沿いにあり、東海の昇仙峡とも称される渓谷美が広がる「王滝渓谷」(愛知県豊田市)。渓谷沿いに続く遊歩道は、巨岩や奇岩のダイナミックな景観や、つり橋など見どころがたっぷり。巨岩のトンネルと、激流が迫る宮川散策道を目指して歩こう!

大千瀬川|壮観!奥三河のナイアガラ

蔦の渕のほかに無数のポットホールが見られる/大千瀬川
KADOKAWA

東栄町を西から東へ流れ、さまざまな涼スポットが点在する「大千瀬川」(愛知県東栄町)。なかでも幅70m、落差10mの大滝・蔦の渕は、奥三河のナイアガラの異名を持つ景勝地だ。9月23日(祝)までは体験イベントなどが催される「山フェスin東栄町」も開催している。

グリーンステージ花の木|渓流沿いで夏グルメを堪能!

渓流遊びのお供として、ハンモック(180分300円)やさお、タモ(各200円)など、レンタル用品も充実!/グリーンステージ花の木
KADOKAWA

茶臼山の麓の渓流で、川遊びや森林浴ができる「グリーンステージ花の木」(愛知県豊根村)。その場で焼いて味わえるニジマスや、イワナのつかみどり(各1匹400円、焼き代込み)、流しそうめん(300円、要予約)、ブルーベリー狩り(60分1000円、8月上旬まで、要予約)などが楽しめる。(東海ウォーカー・東海ウォーカー編集部)

元記事を読む