1. トップ
  2. 恋愛
  3. はましゃか、初の“おけい婚活”潜入コラム!!

はましゃか、初の“おけい婚活”潜入コラム!!

  • 2018.7.18
  • 457 views
一緒に謎解きすると相手の問題解決能力も分かる。ここで結婚相手を見抜く力を養いたい
KADOKAWA

【写真を見る】クローゼットの中や台所、 寝室など一軒家でヒントを探す「恋する謎解きゲーム」 に初参戦

黙っていればモテるので、自分と婚活現場が出会うことなどないと思っていた。だいたい結婚適齢期になったらイケメン俳優か石油王がDMしてくると思っていたのだが、まだスッパ抜かれる気配もない。いや、焦るとかないし。大丈夫だし。

そんな私の前に突如として現れた「#おけい婚活」という言葉。「おけいこ」と「婚活」が合体した東京ウォーカーさんの造語である。

人生設計にも論理的思考が足りてない私が今回挑戦するおけい婚活は、「リアル謎解きゲーム」。参加者として潜入し、その実態を皆さんに伝えるのが私の使命だ。でも私なんかが行ったら…男性参加者たちが最後の恋に落ちてしまわないだろうか?そんな一抹の不安を抱えつつ現場へ向かう。おけい婚活の「謎」を解くゲームが今、始まる…ッ!

【写真を見る】クローゼットの中や台所、 寝室など一軒家でヒントを探す「恋する謎解きゲーム」 に初参戦
KADOKAWA

今回の舞台である豪華な屋敷に集まったのは男女合計40人ほど。各3チームに分かれ、家中に隠されたヒントを探し、答えを導き出して脱出するというルールだ。

ミステリーなお屋敷がおけい婚活の舞台。さっそく潜入開始!
KADOKAWA
犯人から果たし状!?閉じ込められたお屋敷から脱出するべく、謎解きゲーム開始!
KADOKAWA

まずは自己紹介タイム。思わずもうやめたはずの無知ぶりっ子(「わかんな〜い」と「すご〜い」と無知のフリをすることを指す筆者の造語)の癖が出てしまう。

いかんいかん。ここは婚活現場であるのと同時に百戦錬磨のプロ謎解き師が集うコミュニティでもあるのだ。私のような新参者も少しでもチームに貢献しなければ。

でも、こんな時こそ使える手が死ぬほど思いつく。ヒントがハズレだった時に可愛く悔しがってみたり、推理が煮詰まった時に「え、そこから?」な質問してみたり。お屋敷で謎探しなんて、ぶりっ子百戦錬磨にとってはモノボケのようなものだ。

作戦会議でも身を乗り出して協調性をアピール(わかってない)
KADOKAWA
ぺろっ。隠し扉探しがち
KADOKAWA
「犯人はこの中に…?」気分は身内を疑う刑事役。いや、チームとはぐれてますよっ。
KADOKAWA

ゲームも佳境に入り、最初は大人しそうだったA子さんがチームを引っ張ったり、結論を覆そうとする人が現れたりなど、ただ話すだけではわからない各々の性格があらわになりはじめる。参加者の「問題に直面した時の姿勢」がバッチリ見え、この人とライフハックできるか?ということが想像できてしまうのだ。謎解きゲームと婚活を組み合わせる事を思いついた人は天才?え、おけい婚活、優秀すぎでは…?

考えすぎて、脳みそがパンクする〜!
KADOKAWA
狭い場所のヒント探しで相手のパーソナルスペースに踏み込む恋愛戦車系女子こと筆者
KADOKAWA
思わぬところに謎解きヒントが隠されていた!
KADOKAWA
協力して謎のヒントを見つけた時のテンションはMAX!あら、そんな顔して笑うんですね…?
KADOKAWA

私の魅力に倒れてしまう人が出ないか心配しながら参加した潜入捜査だったが、逆に他人任せと思いつきとテンションで乗り切るこの性格が丸裸にされてしまったではないか!お互いの性格がダイレクトに伝わる謎解きゲーム、ここであなたも「論理的に」お相手を探すというのもありかもしれない。(東京ウォーカー(全国版)・取材・文・イラスト=はましゃか/撮影=島本絵梨佳/構成=城リユア(mogShore))

元記事を読む