喫茶店は、都会の避暑地。 レトロでフォロジェニック。とっておきスイーツを楽しめる喫茶店3軒

Hanako.tokyo
Hanako.tokyo

2018.07.17

喫茶店は、都会の避暑地。レトロでフォロジェニック。とっておきスイーツを楽しめる喫茶店3軒

ウィンドウショッピングをするにも、お散歩をするにも、陽射しのまぶしさにいったん休憩…となりがちな今日この頃。せっかくなら、スイーツがイチオシメニューの喫茶店に足を運んでみませんか?

1.シンプルにレトロなプリン。これが嬉しい。〈銀座ウエスト 銀座本店〉/銀座

Hanako.tokyo

人工の香料や添加物を極力使わず、素材本来の風味を生かすよう作られた同店のデザート。

Hanako.tokyo

ロングセラーの「プリン」は卵の風味とカラメルソースの苦味が絶妙にマッチした昔懐かしい堅焼きタイプ。男性ファンも多いそう。「プリン」454円

(Hanako1150号掲載/photo : Kanako Nakamura text : Kimiko Yamada)

銀座ウエスト 銀座本店

2.コーヒー好きが唸る、本格ブラックゼリー〈名曲・珈琲 新宿 らんぶる〉/新宿

Hanako.tokyo

クラシックが流れる名曲喫茶として今も多くのファンに愛される老舗。店内では昭和25年の創業当時から愛用される椅子やテーブルも現役。

Hanako.tokyo

人気の「コーヒーゼリー」700円は、店で提供する深煎りアイスコーヒーをゼラチンで固め、その上にバニラアイスとコーヒーフレッシュをのせたもの。コーヒーのほろ苦さにアイスの甘さが広がる一品はブラック党も虜にする本格派!

(Hanako1150号掲載/photo : Kanako Nakamura text : Kimiko Yamada)

3.食器までキュートなシュークリーム〈古瀬戸珈琲店〉/御茶ノ水

Hanako.tokyo

瀬戸の窯元と縁深いオーナーが1980年にオープン。カウンターの壁一面に並ぶカップは世界の一流メーカーの品から日本の作家モノまで200客以上。これらを選んでコーヒーを楽しめる。

Hanako.tokyo

温かい皮に冷たいカスタードを詰めた「シュークリーム」はラム酒を効かせた大人の味わい。「シュークリーム」480円
(Hanako1150号掲載/photo : Kanako Nakamura text : Kimiko Yamada)

元記事を読む
提供元: Hanakoの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理