1. トップ
  2. ファッション
  3. 大人の夏を《アースカラー》でアップデート!おすすめコーデ15選♪

大人の夏を《アースカラー》でアップデート!おすすめコーデ15選♪

  • 2018.7.17
  • 39458 views

今回は、アースカラーと呼ばれるブラウン・ベージュとカーキを使ったおすすめコーデを紹介していきます。

最近話題にのぼることの多いアースカラーは、落ち着いた雰囲気のオトナ女子にこそ着こなしてほしいカラーです。ぜひこの夏のコーデに取り入れてみてくださいね。

ブラウン・ベージュ系

出典:zozo.jp

パフスリーブの袖とVネックが女性らしいトップスです。

ロングのタイトデニムなら、カジュアルながらも上品な印象ですね。

ボトムス以外の色の系統を合わせることで、統一感のあるコーデに仕上がっています。

出典:zozo.jp

Vになったバックの襟元が女性らしくて素敵なトップス。

フレアになった袖は二の腕の細見えも叶えてくれます。

今季流行りのギンガムチェックは、大きめの柄で鮮度を高めましょう。

足元はスニーカーでカジュアルダウンするのがおすすめです。

undefined
出典:zozo.jp

透け感のあるガウンは女性らしい雰囲気が魅力の今年注目アイテム。

ベージュを選べば、落ち着きとカジュアル感の両方が手に入りますね。

ガウンがゆるっとしたシルエットなので、インナーはぴったりした黒のトップスで引き締めて。

出典:http://zozo.jp/

シンプルなノースリーブブラウスも、ブラウンなら新鮮な雰囲気。

フレアラインのきれいな細かめギンガムのスカートを引き立たせてくれますね。

バッグは今季はやりのサークルかごバッグで、トレンドライクに。

出典:zozo.jp

ゆるっとしたシルエットのシャツは、羽織っても1枚でも着られる優秀アイテム。

他のアイテムはモノトーンに統一して、落ち着いた大人の夏コーデに。

undefined
出典:zozo.jp

ブラウンカラーのワンピースは大人っぽく上品な雰囲気。

上のワンピースはこっくりした色合いがミルクココアを思わせてかわいらしい印象ですね。

プリーツになったスカート部分がより女性らしさを引き立てます。

undefined
出典:zozo.jp

ミルクティーカラーのワイドパンツは、細めのサロペットつきで縦のラインを作ってくれます。

シフォン素材のインナーでより柔らかい雰囲気に仕上げていますね。

カーキ系

出典:zozo.jp

カーキのワンピースはかわいらしくなりすぎず、大人女子でも着こなしやすいのが魅力的!

きゅっとしまったウエストリボンが細見えを叶えてくれますね。

足元は真っ白なスニーカーで爽やかさをプラスして。

出典:zozo.jp

カーキのパンツは夏に欠かせないヘビロテアイテム。

テーパードシルエットが着こなしやすい1枚ですね。

トップスはネイビーを選んで大人っぽくしつつ、足元に白を持ってくることで重くならないようにしています。

undefined
出典:zozo.jp

カーキのキャミワンピは子供見えナシの優秀アイテム。

丸みのあるVラインになった襟元がかわいらしい1枚です。

シンプルなデザインなので、色々なインナーを合わせて楽しめますよ。

ネットバッグを合わせてトレンドライクに♡

出典:http://zozo.jp/

大きめサイズのカーキシャツはボーイッシュな印象ですね。

黒スキニーを合わせてあげれば、スタイルの女性らしさを強調してくれます。

パンプスは明るいオレンジ色で、色味を加えることで鮮度アップ!

出典:zozo.jp

カーキとホワイトは相性抜群。クールなカーキ色をクリーンな印象のホワイトがフレッシュに格上げしてくれていますね。

濃い色のカーキは黒や紺と似た使い方ができるお役立ちカラーです。

出典:zozo.jp

今っぽい肩の刺繍が素敵なTシャツ。可愛くなりすぎてしまいそうな花の刺繍もカーキと黒なら大人に着こなせますね。

パンツはやわらかいカラーでトップスとのバランスをとりましょう。

きれいめなボトムスなので、他のアイテムがカジュアルでもきちんと感がありますね。

出典:zozo.jp

ゆるっとしたシルエットが華奢見えを叶えてくれる優秀ブラウス。

小顔効果のあるVネックも嬉しいポイントですね。

きれいめアイテムでそろえれば、コーデ全体がゆったりした印象でもだらしなく見えません。

出典:zozo.jp

カジュアル感の強いカーキボトムスも、ナロースカートなら大人っぽく使えますね。

トップスにあえてかわいらしい印象のレースブラウスをもってきてきれいめカジュアルに。

きれいめにもカジュアルにも使えるアースカラーで素敵な夏を♪

いかがでしたか?気になるアイテムがあれば、ぜひチェックしてみてくださいね。

元記事を読む