1. トップ
  2. 恋愛
  3. あなたの下心を相手に気づかせない、さりげないデートの誘い方

あなたの下心を相手に気づかせない、さりげないデートの誘い方

  • 2018.7.16
  • 5941 views

男性をデートに誘いたいけど、下心に気づかれたら嫌だなと思うこともあります。
特に、まだ親密になっていない相手をデートに誘う場合、こちらの下心が見えると相手に警戒されてしまうこともあるので注意が必要です。
この記事では、自分の下心を相手に気づかせない、さりげないデートの誘い方をご紹介します。

自分の用事に付き合ってもらう

「新しいパソコン買いたいんだけど、私詳しくないからもしよかったら一緒に行ってくれない?」
というように、自分の用事に付き合ってもらうという理由だと、さりげなく男性をデートに誘うことができます。


特に、男性についてきてもらったほうが良い用事や、その男性の趣味や得意分野を頼った内容であればなお良いでしょう。
また、人の心理としては自分が頼っている相手よりも自分を頼ってくれる相手の方を好きになりやすいと言われています。


さりげなくデートに誘うことができるだけでなく、相手を頼ることにもなるので、自分の用事に付き合ってもらうというのは効果的な誘い文句だと言えるでしょう。
用事が済んだあとに、「お礼にお茶や食事をご馳走する」と言えば、これもまたさりげなく相手を誘うことができます。

行きたいお店に付き合ってもらう

自分の用事に付き合ってもらうのと同じように、自分が行きたいお店に付き合ってもらうというのも効果的な誘い文句です。


「友達に勧められたイタリアンのお店があるんだけど、一人で行きにくいから一緒に行かない?」
というように伝えれば、さりげなくデートに誘うことができます。


「一人でお店には行きにくい」と考える人の方が多いですから、この誘い方であれば下心もばれにくくなります。

「付き合ってもらう」ことが大切

大切なのは、デートに誘うというより、自分に付き合ってもらうということです。


「今度ご飯行こうよ」
というのは、相手からもはっきりとデートの誘いだと分かるので躊躇されてしまいがちです。
自分の用事や行きたいお店に付き合ってもらうようにすると、さりげなく男性をデートに誘うことができるのです。

オリジナルサイトで読む