1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. コスメはどこにしまう?散らかってしまいがちな化粧品の収納テクニック☆

コスメはどこにしまう?散らかってしまいがちな化粧品の収納テクニック☆

  • 2018.7.15
  • 65316 views

小さいからかさばらないし…とどんどん増えていってしまうコスメ。元々入れていた収納では収まりきらず、ぐちゃぐちゃになっていませんか?そんなコスメあるあるを解決するために、今回は散らかってしまいがちな化粧品の収納アイディアをご紹介します。

チリも積もれば…小さなコスメこそ散らかりの原因!

専用ケースを使って収納

H A R U.さん(@haru.home)がシェアした投稿 -

化粧品専用のケースを作り、「化粧品はここに並べられる分だけ!」と決めておくようにしましょう。

新しい化粧品を買ったら古いのはどれか1つ捨てる、という具合にしておくと良いですね。

izabel13okさん(@izabel13ok)がシェアした投稿 -

仕切りがしっかりしているものなら、なおさら数も増えずに済みそうです。鏡などもジャストフィットするサイズの収納ケースを選ぶようにしましょう。

または100均にペンスタンドや収納ボックスなどが販売されているので、それらを組み合わせてくっつけて、自作するのも良さそうですね。

洗面台収納

Rika🐰さん(@rika.i.house)がシェアした投稿 -

洗面台の鏡裏の棚の中に、無印のボックスを使ってすっきりとまとまった収納になっています。洗面台に化粧品が置いてあると、洗顔からメイクアップまでスムーズに行えるのが良いですよね。

Rika🐰さん(@rika.i.house)がシェアした投稿 -

ドライヤーも化粧品のすぐ近くに置いておきたいものですよね。洗面台に一緒にドライヤーを設置しておけば、メイクとヘアセットが同時にできるため時間短縮になります。

Kumiko Fujishiroさん(@kumikofujishiro)がシェアした投稿 -

こちらは基礎化粧品をセリアのワイヤーかごにまとめてあります。場所は洗面台ですが、ティッシュ箱を壁にとりつけることでお化粧の効率もアップしますね。

セリアのワイヤー籠の中の基礎化粧品は倒れやすいため、さらに無印の仕切りを使用しているそうです。

Saori Arakiさん(@kikilala.003)がシェアした投稿 -

無駄なくきちんと並べられた化粧品たち。とても清潔な印象ですね。スポンジやコットンといった細かい消耗品は瓶に入れて収納しておくと見た目も清潔感もアップします。

Manaさん(@manataro.500)がシェアした投稿 -

こちらは、洗面台の棚に必要最低限のメイク道具だけを並べてすっきりさせています。おしゃれなパッケージのコスメは、インテリアにもなりますね。

持ち運びができるケースに入れて

kayoさん(@hina.home)がシェアした投稿 -

無印良品の吊るせるケースに化粧品をしまっておけば、洗面台や化粧台などどこにでも置いておくことができます。コンパクトなので、このまま持ち運びができるのも嬉しいですね。

m♡さん(@__________7hm7_____)がシェアした投稿 -

シンプルなデザインのメイクポーチなら、そのままお部屋に飾っても良いですね。大事なのは一箇所にまとまっている、ということ。

使い終わったら片付けるのにも手間にならないデザインのものを選びましょう。

化粧品をインテリアの一部に!

ERIさん(@eririichi)がシェアした投稿 -

壁にとりつけられた飾り棚に基礎化粧品を並べて。まるでお店のディスプレイのようですね。お気に入りのデザインの良いコスメ専用の飾り棚を用意するのも素敵です。

mirionrose みじーさん(@mirionrose)がシェアした投稿 -

例えばこんな壁付きの小さなチェストボックスにメイク道具をしまっておくというのも、便利で素敵なアイディアです。

画像はブラックボードの前ですが、鏡を取り付けてメイク場所にしてみても良さそうですね。

mirionrose みじーさん(@mirionrose)がシェアした投稿 -

近くにアクセサリーを飾って、インテリア性もアップ。メイクをしながらどのアクセサリーを身につけようか考えることができます。

キャンドゥのワイヤーラックにダイソーのクリアケースを使った収納です。やはりワイヤーラックだけでは安定感がいまひとつのようなので、もう一つ何か収納アイテムを使った方が良さそうですね。

化粧台の範囲内にまとめておこう

sachiko tsujimotoさん(@petit.cachette)がシェアした投稿 -

化粧台がある場合は、そこにドライヤーや基礎化粧品も含めて一箇所にまとめておくとスムーズに身支度ができますね。

化粧台は「自分だけのスペース」感が出て、お化粧やヘアメイクも捗りそうです。

まとめ

女性なら1つは持っているメイク道具。収納場所や収納アイディアを工夫しないと、ついだらしなく散らかってしまいます。きちんと一箇所にまとめて、なおかつ使い勝手が良いようにしたいものですね。

元記事を読む