1. トップ
  2. メイク
  3. 知りたいのは似合うもの!顔カルテで見る「濃い顔さん」向けメイク

知りたいのは似合うもの!顔カルテで見る「濃い顔さん」向けメイク

  • 2018.7.15
  • 1092 views

顔は人それぞれ違うもの。トレンドはもちろん気になるけれど、自分の魅力を引き出してくれるようなメイクを見つけられたらいいのに!と思うことはありませんか?

そこで、ヘアメイクの筆者が“顔カルテ”を使って顔のタイプに合わせて、あなたに似合うメイクの見つけ方をご紹介。

今回の顔カルテメイクアドバイスは、“濃い顔さん”へフォーカスを当てていきます。

濃い顔さんのお悩みは?

濃い顔さんは一見目を引く綺麗な方が多く、悩みなんてあるのか……と思われがちですよね。

そんな彼女たちの悩みは、メイクをすると”派手になりすぎてしまう”ということ。かといって、ノーメイクでは華やかさにかけてしまったりとバランスをとることが難しいと感じる方が多いようです。

“濃い顔”さんメイクのポイントは、自分の一番のチャームポイントと血色感をどこでだしていくかということ。

彼女を例に顔カルテを作成して、顔立ちがどう変化するか見ていきましょう。

チャームポイントの見つけ方

まずチャームポイントは、眉・瞳・唇の3点のどこかに絞りましょう。

判断の仕方は、次の3つを目安にしてみてください。

・眉の地毛はきちんとあるかどうか

・瞳の形が綺麗なアーモンド型かどうか

・唇にほどよい膨らみと大きさがあるかどうか

ポイントの中に、自分の好きを見つけてあげてくださいね!

彼女の場合は、綺麗なアーモンド型の“瞳”をポイントにしてメイク提案させていただきました。

大切な血色感の出し方・選び方

今度は、血色感です。

血色感は、肌に赤みを差して活き活きとした印象にしてくれる重要なポイントです。

表現する場所は

・チーク

・口紅

この2つのうちどちらかに血色感をだしていきましょう。

両方とも盛ってしまうのは、too muchの派手顔さんになってしまうので注意ですよ。

では、どちらを選んだら良いかというと、ポイントとポイントは離して作るということを意識してみてください。

濃い顔さんのパーツはひとつが大きくて目立ちます。

たとえば、アイメイクを盛る場合はすぐ近くのチークを濃くしてしまうと、顔の濃さが悪目立ちしてしまうんですね。目に入ってくるポイントが2つもあると、なんかクドイ……なんか垢抜けない……そんな印象に陥りやすくなります。

その場合は、距離の離れているリップメイクに血色をだしてあげると顔立ちが引き締まり華やかさが増してくれますよ。

仕上がりがこちら

大きな瞳に血色感のある唇で上品なメイクのできあがりです。

濃すぎず、ナチュラルでありつつもポイントを作ることで華やかな印象に仕上がりましたね。

押さえておきたいポイント

今回、眉毛は瞳とのバランスを考えて太さと長さを提案させていただきました。

・眉はやや太めにして目力に負けないように

眉が細いと瞳とのバランスが悪く、貧弱な印象になってしまいます。

・眉はやや短めにして目力をつけすぎないように

眉が長すぎると、強すぎる印象になってしまいます。

自分の顔の特徴を知って、I love 自分をモットーに楽しんでいきましょうね。

makeは朝の始まりの時間、少しでもワクワクをお届けできますように。

元記事を読む