【世界の廃墟1】あの軍艦島も!世界の廃墟を集めた日本初の写真集がすごすぎる!

突然ですが、「廃墟」、好きですか? 学生時代に肝試しスポットとして利用した方も、映画『進撃の巨人』B’zのPV(『MYLONLY TOWN』ですね)の舞台で有名な軍艦島なら知ってる!なんて方もいるかも?

実は今、世界的に廃墟めぐりがブームの兆し。

そしてそれを裏付けるかのように、Amazon.co.jpで「写真集」カテゴリ第1位をマークした、話題の廃墟写真集があるんです。

その名も、『世界の廃墟』です!

その名の通り、世界の廃墟を集めた、日本初の写真集なんです。

百聞は一見にしかず、まずはこの本の中から、泣く子も黙る廃墟写真をいくつかご紹介します。

まずは本の表紙にもなっている、

ブルガリア共産党ホール(ブルガリア/バルカン山脈)

UFO!?……ではありません。ブルガリアの首都ソフィアから東に200キロメートルの山の頂上にある、この近未来的なドーム、かつてはブルガリアを主導した共産党の集会所でした。1981年に設置されましたが、1989年、ソ連衰退と共産党政権崩壊とともにたった7年で廃棄されたそう。現在では観光スポットになっているそう。

のっけから大スペクタクルすぎて言葉が出ませんが、続々といきます。

続きまして、廃墟マニアの夢と言われている

パワープラントM(ベルギー/モンソー=シュル=サンブル)

こちらも宇宙船のようですが、元々は火力発電所の一部で、冷却塔の部分でした。1921年に建設され、一時はベルギーの電力供給を担っていましたが、環境保護団体からのクレームにより2007年に閉鎖。その後まもなく話題となり、今では全世界から廃墟マニアが集まるのだそう。ちなみに上の写真は冷却塔の2階部分。

こちらが1階部分

お次はタイ・バンコクから。この写真、どれが廃墟かわかりますか?

これ、実は左側の高層マンション、サトーン・ユニーク・タワーが、まさかの廃墟なんです!

1990年代半ばに始まったマンション建設でしたが、1997年にアジアを襲った経済危機がバンコクを直撃。それにより建設が中止され、今も再開発のめどが立たないまま、現在に至っています。その外観からバンコクの若者の間では「幽霊マンション」と恐れられており、今や都市伝説の舞台だそう。恐ろしや……。

この、世にもすごいインパクトの写真集を監修したのは、世界の変な場所ばかり集めた写真集『奇界遺産』(なんと3万5千部のベストセラーです)で有名な写真家、佐藤健寿さん

ヨーロッパでは今、「都市探検(アーバン・エクスプロレーション)」とよばれるカウンターカルチャー運動が盛り上がっていて、そういった世界中の都市探検家たちに、佐藤氏が写真の撮影・提供を呼びかけて実現したのが、この写真集だそうです。

次回は、もっともっと不思議な廃墟をご紹介していきます! (五十嵐ミワ)

http://www.amazon.co.jp/dp/4864103925/

『世界の廃墟』佐藤健寿/監修・解説(飛鳥新社/1759円+税)

元記事を読む
提供元: CanCam.jpの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理