1. トップ
  2. ヘア
  3. コテ使う時の“それ”って合ってる??今までよりも髪を大事に、巻きもキープできる方法☆

コテ使う時の“それ”って合ってる??今までよりも髪を大事に、巻きもキープできる方法☆

  • 2018.7.12
  • 11353 views

何気なくヘアアイロンを使って髪を巻く毎日。マンネリ化しやすい作業ほど、段々とめんどくさくなって手間を省きがち。けど、その省きが髪にとっては深刻なダメージになっていることも。。今回はいつものコテの使い方、使う前にしてはいけない事とすべき事をご紹介します!プチアレンジもあるので是非参考にしてみて下さい♪

【注意】髪を巻くときに“絶対に”してはいけない事!!


綺麗な巻き髪を作りたいなら
髪もしっかりと大事に整えてから巻くのが◎

①高温で髪を巻いている
まずコテの適正温度は髪質によってちがいます。
どの温度が自分の髪にカールが付きやすく、ほどけにくいのかを検証しましょう♪
温度が高ければ巻きは付きやすいですが、髪も傷みやすいことを頭に入れておきましょう!

②くしで梳かさず、コテを使う
髪が変に絡まったまま巻くと、キューティクルが傷つきます。
枝毛がたくさんでき、傷んだ毛先を切る事が多くなり、伸ばそうにも伸ばせない状況に。。
しっかりとくしで梳き、絡まった髪がないようにしましょう♪

③水や巻き髪ウォーターをつけた後、乾かさずに巻く
湿ったままでのコテの使用は、髪を内側から破壊しているということ!
巻き髪ウォーターだからと油断せず、手間はかかりますが
しっかりと乾かしてから、コテを使用した方が、髪も丈夫に長持ちします♪

これを機に髪を労わってあげてくださいね☆

YouTubeはこちら

【重要】コテを使う前にすれば長持ち間違いなし☆


①クセがついてる場合は一度濡らして、元に戻す。
巻きの持ちを良くしたい場合は巻き髪ウォーター、または水をつけてあげましょう。

②梳かす。
必ず毛先から梳かす!!
先程と重複しますが全体に水、寝癖なおしを馴染ませると梳かしやすいです。

③乾かす。
高温、強風でドライし、仕上げで冷風をあてて余熱も取りましょう♪

④その後くしでもう一度梳く。
もう一度梳いてあげることで、細かな絡みなどをなくします。

⑤髪の毛の傷みを気にされている方は、艶出しスプレーなどのコーティングスプレーを吹き付ける。

後は先程のやってはいけないことを守って髪を巻けば
綺麗で長持ちする巻き髪がつくれます☆

YouTubeはこちら

髪がキレイに巻けたなら!おすすめの編み込みアレンジに挑戦♪

<作り方>
①くるくるに巻く←ここまでは完成してます
巻かなくてもできるのですが、巻いたほうが
ボリュームが出るし、何より手間がかかってる感も出て◎

②おくれ毛を作る
前髪とつながる部分、耳前、襟足の3か所に出してあげましょう♪

③頭頂部から編み込んでいき、編めなくなったら三つ編みで!
毛先はゴムで留め、編み込んだ束を少し引っ張りボリュームを出す♪

④三つ編みを下向きにくるくる丸める

⑤左右からアメリカピンで何箇所か留める

⑥完成☆

編み込みさえできれば簡単に仕上がります♡

YouTubeはこちら

最後に

今まで間違った方法でヘアアイロンを使用していませんでしたか??
しっかりとしたメンテナンスが髪をより長くきれいに見せられる秘訣です☆
今からでもまだ間に合います(^^♪

この記事を監修した美容師さん

鶴谷 和俊 ツルタニ カズトシ

Instagramにてヘアアレンジ動画配信しています♪♪
⇩⇩⇩⇩
https://www.instagram.com/tsurutani_k/
『簡単でわかりやすく、そして可愛い』をテーマに配信しているのでよかったらご視聴よろしくお願い致します♪♪

ツイッター
⇩⇩⇩⇩
https://mobile.twitter.com/tsurutani_hair

元記事を読む