1. トップ
  2. 旅行・おでかけ
  3. 日比谷で『ふつうじゃない 2020 展』東京五輪の競技&アスリートの“力”を楽しく学ぶ体験型展示

日比谷で『ふつうじゃない 2020 展』東京五輪の競技&アスリートの“力”を楽しく学ぶ体験型展示

  • 2018.7.12
  • 820 views

日比谷で『ふつうじゃない 2020 展』東京五輪の競技&アスリートの“力”を楽しく学ぶ体験型展示

「『ふつうじゃない 2020 展』〜スポーツの価値を再発見する19日間〜」が、2018年8月8日(水)から26日(日)まで、東京ミッドタウン日比谷にて開催される。

undefined
www.fashion-press.net

東京五輪の競技・種目&アスリートの“力”を楽しく学ぶ体験型イベント

“「ふつうじゃない」って、最高だ。”をテーマに開催される本イベントは、東京2020オリンピックおよびパラリンピックの競技&種目、また出場するアスリートについて、遊びながら楽しく学ぶことが出来る体験型の展示イベント。

君は引き抜けるか?「エクスカリバー背筋力測定」などユニークな展示

期間中は、2年後に迫る東京オリンピックの空気を一足先に感じられる展示の数々が用意されている。例えば、中世の騎士道物語『アーサー王物語』に登場する伝説の剣の名を冠した「エクスカリバー背筋力測定」は、300kgを超える重さの剣が持ち上がるかどうかを試すことで、アスリートの驚異的な背筋力を実感する、というユニークな展示。

バレーボール選手のジャンプ力、ラグビー選手のスクラムパワーを体感

そのほか、バレーボール選手のジャンプ到達点(3m55m)にあるボタンを見事押すことが出来れば、冷えたコカ・コーラが出てくる「バレーボール自販機」、ラグビーにおけるスクラムのパワーを巨大分銅で体感する「ラガーマン分銅」、正拳突きの威力だけでLEDロウソクを何本消せるかチャレンジする「カラテ・キャンドル」など、計19種類の“ふつうじゃない”展示が楽しめる。

また、会場にはアスリートの巨大バルーンがシンボルモニュメントとして設置されるほか、棒高跳びのバーを使用した出入り口ゲート、タータンなどの競技場素材を使用した装飾など、東京2020大会をイメージした様々な演出が予定されている。

開催概要

「『ふつうじゃない 2020 展』〜スポーツの価値を再発見する19日間〜」
開催期間:2018年8月8日(水)〜8月26日(日)
時間:11:00〜19:00
※荒天時(雨天・強風の場合)は中止。
※8月8日(水)はオープニングイベントのため、12:00頃オープン予定。
会場:東京ミッドタウン日比谷 日比谷ステップ広場
入場料:無料

オリジナルサイトで読む