1. トップ
  2. 恋愛
  3. 土下座のプロ! 第三者がトラブルを解決する“謝罪代行者”の賛否

土下座のプロ! 第三者がトラブルを解決する“謝罪代行者”の賛否

  • 2015.2.25
  • 1166 views

【ママからのご相談】

テレビで、謝罪代行業者という文字を見ました。名前から受けとると、自分たちがすべき謝罪を代わりに行ってくれる業者、という意味かと思われます。ただ、これが少し気になっているので、詳細を知りたく思います。 また、この謝罪代行業者の賛否はどうなのでしょうか。

●A. 賛否が分かれる職業ですが、メリットもあるようです。

ご相談ありがとうございます。ライフライターの大塚朝香です。

謝罪代行業者というのは、ご相談者様のおっしゃる通り、“謝罪を代行するための会社”です。経験が豊富で、“謝ること”に長けたスタッフが対応してくれるものであり、クレーマー対応などに重宝されています。

謝罪代行屋の料金は、会社によってさまざまです。時間制で、“1時間いくら”としているところもありますし、“1件いくら”としているところもあります。

●謝罪代行業社への賛否

謝罪代行業者は、“かわりに謝る”という職業上、非常に賛否が分かれる職業です。

「心のこもっていない謝罪など、謝罪でも何でもない」

「お金をもらって謝られても……」

「嫌なことから逃げているだけなのでは?」

と、否定的や意見や、困惑した気持ちを抱く人が多いのは当然とも言えます。しかし逆に、

「訳のわからないクレーマーに対応するためには、プロの謝罪代行業者に頼んだ方がいいかも」

「第三者の視点でトラブルを解決してくれるから良い」

「訴訟の回避に役立つのでは」

とする肯定的な意見もあります。

ただ、謝罪代行業者の場合、あくまで“相手に顔が知られていない”が前提となるでしょう。そうでない場合は、メールなどでのやりとりに限られてくると考えるのが一般的です。

●謝罪代行業者という仕事について

このように、謝罪代行業者には賛否両論があります。デメリットもあればメリットもある、というのが本当のところなのではないでしょうか。このようなサービスがある、というのを知っておくことは、企業にとって、時には有益なものになるかもしれません。

謝罪代行業者というサービスを使うかどうか、というのは、常に利用者側にゆだねられています。それらの存在を把握した上で、どのように“謝罪”を扱うか、ということに、企業の姿が見えてくるのではないでしょうか。

【参考リンク】

・おさらいビジネスマナー | 富士通(http://jp.fujitsu.com/family/sibu/toukai/manar/mokuji.html)

●ライター/大塚朝香(フードアナリスト)

家でできるダイエットで、1年で17kg減量したアラサーライター。ファミレス勤務→葬儀会社勤務→デパート勤務を経てライターに。デパート勤務時代やダイエット時代に学んだ、「おいしくてヘルシーで安く、満腹感があってお洒落なメニュー」を編み出すのが得意。3000以上の美容記事を執筆し、100以上のオリジナルレシピを発表し、糖尿病や高血圧、メンタルヘルスにも携わってきました。母が看護師、兄が社会福祉士、姉が介護福祉士のため、医療や健康面の質問にもお答えできます。

元記事を読む