明石家さんまに学ぶ! 飲み会で女性の心をグッとつかむトーク術

【相談者:30代男性】

飲み会やコンパの席でイマイチ目立った存在になれず、狙っている女性からも相手にされないのが最近の悩みです。どんな風に振る舞ったり、どんなトークをしたりすれば、みんなの注目を集めて目立つことができるのか、何か秘訣はありませんでしょうか?

●A. 飲み会のトークでは、まんべんなく話題を振る役割が好感度アップに!

ご質問ありがとうございます。人間観察好きの物書き、ときわひでたかです。

明石家さんまさんといえば、バラエティ番組のメインMCを務めることが多く、お笑いセンスはもちろんのこと、好感度の高さは誰しもが知るところ。

もちろん、お笑いを生業とし、その中でもダントツの大御所、明石家さんまさんのトーク術を完全にマスターすることは不可能です。しかし、その仕組みを真似ることで飲み会でイマイチ目立てないという悩みを解消することができます。

ここでは、飲み会やコンパでトークをする際のポイントをご紹介します。

●とにかくみんなに話題をまんべんなく振る役割をする

まさにMCというポジションを買って出るということになりますが、あまり難しく考えることはありません。

自分ばかりが目立とうとするのではなく、その会に参加している一人ひとり、それぞれを主役にする! という意気込みで、ひとつの話題でも、まんべんなく意見やネタを話してもらいましょう。最終的に会が終わったときに、「今日はあまり話せなかったなぁ……」と感じてしまう人をなくすということです。

この役割を買って出ることの最大のメリットは、「今日の飲み会はあの人がいたから盛り上がったね」といったように、飲み会が盛り上がるために欠かせない人だという印象を持ってもらうことができるのです。

大勢の場を仕切れるというのは、頼りがいのある男性という印象にも結び付きますし、何より、「実は中心的な存在である」という印象も、周りの女性に抱いてもらうことができます。

●まんべんなく話題を振る際に気をつけるポイントとは?

飲み会の参加者にまんべんなく話題を振る際、気をつけるポイントがあります。それは、誰しもが話題を振られて、流暢にしゃべれるわけではありませんし、面白い話を百発百中でできるわけではありません。沈黙してしまう場合だってあります。

そんなときには、その人を助けるという意味でも会話の後を引き継いであげたり、話の内容を理解して補足してあげたりすることが重要です。

その話が面白い話へと発展した場合は、その手柄はその人のものとし、面白くない話になってしまった場合は、それが自分のせいであるかのように演出してあげます。いわゆる、「自分がスベッたことにしてあげる」といったことに配慮しましょう。そうすることで、参加している人たちからの信頼や感謝を自分に集中させることができます。

明石家さんまさんが番組で見せている、

・まんべんなく人に話を振る

・要所要所で話を補完する

・話が盛り上がらないと判断したときには自分のネタを差し込む

・時にはスベり役も辞さない(それを笑いに変える技術もすごいですが)

といった立ち位置で飲み会に挑めば、“ただの目立つ存在”になるよりも、はるかに女性の気を引くことができますよ。

【参考リンク】

・会話が続かない人必見!話題上手になる力がつく講座 | ダイレクトコミュニケーション(http://www.direct-commu.com/course/ningenkankei.html)

●ライター/ときわひでたか(人間観察専門家)

大阪をこよなく愛する、物書きであり広告屋でありデザイナー。妄想の世界を文学で綴るショート・ショート作品『妄想するショート・ショート』を執筆中。日常にうつつを抜かしながら世を斬るエッセイ『デタラメだもの』の執筆も継続中。その他、詩やコラムの執筆も多数。また、広告屋として、企業を世に知ってもらうためのお手伝いから、デザイナーとして、WebやらDTPの世界でモノを創造する毎日。日々、書き、描き、話し、モノづくりを続ける売文家兼広告屋。

元記事を読む
提供元: 恋愛jpの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理