1. トップ
  2. ファッション
  3. トレンドとトレンドの組み合わせはNG! 初心者のやりがちなコーディネートの落とし穴

トレンドとトレンドの組み合わせはNG! 初心者のやりがちなコーディネートの落とし穴

  • 2018.7.10
  • 4305 views
洋服選びに迷っている女性の画像

初心者のやりがちなコーディネートの失敗

洋服選びしている最中の画像

5月24日に放送された「ヒルナンデス!」(日本テレビ系)では、元なでしこジャパン・丸山桂里奈さんの洋服選びをモニタリング。スタイリストの小山田早織さんが、コーディネートの落とし穴を解説してくれました。

ファッションのテーマは「カジュアルなお散歩デートに着ていく服」。丸山さんはまず最初に、「めっちゃかわいいのを発見した!」と言いながらバッグをチョイスしました。ですがこれはオシャレ初心者がおちいりやすい落とし穴の一つ。全身のイメージが固まる前に小物から選んでしまうと、統一感のない“ちぐはぐ”なコーディネートになりがちです。

では最初にどのアイテムから選ぶべきなのでしょうか。
たとえばデートで着る服ならフェミニン、ママ会を想定するならカジュアルなどTPOに合わせたトップスを選ぶことが大切です。その上でトップスに合ったアイテムを足していくと、ファッションがまとまった印象になりますよ。

また丸山さんは春のトレンドアイテムとしてお馴染みの花柄が描かれたトップスに、ギンガムチェック柄パンツをコーディネート。ですがトレンドとトレンドを組み合わせたコーデは、悪目立ちしやすいので要注意。小山田さんは、「全部が主役すぎて、主張が強いコーディネートになってる」と指摘していました。

まとまりのあるコーディネートを実現するには、目立つアイテムを全身で一つに絞るのがベター。「今日はこれを着たい」というアイテムを元に、ベーシックなものをつけ足していくほうが見せたいものがより際立ちます。

大人っぽい着こなしのポイント

花柄の服を着た女性の画像

洋服選びだけでなく、「試着をしない」のもファッション初心者のよくある失敗。マネキンが着ていたら格好よかった洋服が、自分が着るとイマイチになることも。原因は自分の体型をイメージできていない点にあります。丸山さんも試着を一切しなかったせいか、シルエットがダボっとした重たい印象になっていました。

また番組では、小山田さんがトレンドの柄ものアイテムを着こなすテクニックも伝授。まずメインに柄ものを選んだ場合には、柄の色をひろうのが基本です。たとえば薄い青、黄色、赤の三色が使われた花柄パンツの場合には、柄の中で一番落ち着いたトーンの薄い青をチョイス。この色を使って全体をまとめれば、大人っぽい印象のコーデができ上がります。

ドット柄ボトムスを使う場合も、柄と同じ色を拾ってシンプルなトップスを組み合わせるのがよいでしょう。もしシンプルすぎて物足りなく感じる場合には、トレンドのビスチェを合わせるのもおすすめ。見慣れた定番カラーのベージュなら、トレンドアイテム同士の組み合わせでもなじんで見えるはず。洋服選びのNGポイントをしっかりおさえて、大人っぽい春服でお出かけしてみてはいかがでしょう?

 

文/プティ・キョーコ

元記事を読む