1. トップ
  2. ヘア
  3. 個性が光るショート・ボブスタイル♡自分に似合うスタイルを見つけよう!

個性が光るショート・ボブスタイル♡自分に似合うスタイルを見つけよう!

  • 2018.7.10
  • 7883 views

数ミリのカットの違いで雰囲気が大きく変わるショート・ボブスタイル。自分に似合うスタイルは、年齢やファッションの好みによって変わってきますね。そこで今回は、個性が光るショート・ボブスタイルをご紹介します。自分に似合うスタイルを探している方は、ぜひ参考にしてみて下さいね♪

自分らしいショート・ボブスタイル

Takuma sogaさん(@takuma_violet)がシェアした投稿 -

ゆるいウェーブにウェット感を出したボブは、夏に人気のスタイル。

スタイリングも簡単なので、出掛けの時間も短縮できます。都会的なスタイルなので、シンプルなコーデもクールな雰囲気に♡

Takuma sogaさん(@takuma_violet)がシェアした投稿 -

ボブは、前髪で雰囲気を変えても素敵♪ふんわりとカールしたスタイリングとやや短めの前髪が絶妙にマッチしていますね。

a s u k aさん(@asuka__m)がシェアした投稿 -

トレンドの切りっぱなしボブは、ウェット感と外はねを付けて大人スタイルに。毛先にパーマをかけておけば、手櫛でスタイリング出来るので忙しい方にもピッタリですよ♪

Satoshi Ogakiさん(@ritme_ogaki)がシェアした投稿 -

ニュートラルな雰囲気を楽しめるナチュラルウェーブは、シンプルなコーディネートや、レトロチックなコーディネートにマッチするヘアスタイル。

髪全体的にトリートメントワックスなどを使えば、広がりも押さえられますよ♪

Fujiwara Junさん(@jun_1221)がシェアした投稿 -

ノンバングの内巻きボブは、女性らしさNO.1のスタイル♪内巻きを作るのが難しい毛質の方には、ワンカールパーマがオススメです。ワックスにオイルを混ぜてツヤ感を出すのがオススメ♡

kimura ryotaさん(@kimxhair)がシェアした投稿 -

ストレートボブは、少し角度をつけるだけでもシャープな前下がりボブに♪ハンサムライクなコーディネートや、スーツにも合わせやすいスタイルですね。

切りっぱなしボブの外はねスタイルは、ハイライトを入れるとより旬なスタイルに♪お仕事でハイライトが難しい方は、明暗差を下げたり、少し明るめのインナーカラーを入れても可愛いですよ。

前髪にもボリュームをつけたふんわりボブスタイル。レトロモダンや、アーバンスタイルなどのスタイルにピッタリです。毛先にカールがついているので、まとめ髪も作りやすいスタイルです。

山村 雄貴さん(@yuuuki4hair)がシェアした投稿 -

ふんわり優し気なショートベースのパーマスタイル。髪にボリュームが出しづらい方にもピッタリです。髪の硬さが気になる方は、オリーブなどの透明感あるカラーリングがオススメ♡

スタイリッシュなショートボブスタイルは、働く女性にピッタリの清潔感あるスタイル。サイドの髪を耳にかけるだけで、オトナ度がグッと上がりますね。

毛先のハネがキュートなニュアンスパーマスタイル。伸ばしかけの方や、外国人風のスタイルが好きな方にもオススメです。

ナチュラルコーデからきれいめコーデまで、どんなスタイルにも合わせやすい万能ヘアです♪

ショートボブにパーマをかけたアーバンスタイル。ウェットな質感を出したスタイリングがオススメ♪適度なボリューム感とまとまりが出るので、髪の量が多い方にもオススメです。

ナチュラルテイストのショートボブスタイルは、風になびく毛先が魅力的♡毛先にカールが入ると、全体的にソフトな雰囲気になるので、硬い髪が気になる方にもオススメです。

yuri kawashimaさん(@yuri.rogue)がシェアした投稿 -

ストレートを活かした個性的なショートボブ。アシンメトリーな前髪や、切りっぱなしテイストの入った毛先で、シャープな雰囲気が素敵♪

平野貴大さん(@takahirohirano1425)がシェアした投稿 -

ストレートバングと、毛先のゆるいカールのコントラストが個性的なショートボブ。

スタイリングのしやすい毛先パーマとナチュラル感の残るストレートな前髪で、スタイリング要らずの大人スタイルに♡

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は、トレンドのショート・ボブスタイルをご紹介しました。前髪の長さや厚み、毛先の動きやスタイリング方法で、いろいろな表情を見せてくれるショート・ボブスタイル。

今のボブスタイルにマンネリしている方や、これからボブにチャレンジしてみようと思っている方は、ぜひ参考にしてみて下さいね♪

元記事を読む