1. トップ
  2. ファッション
  3. 夏のアウトドアに着て行きたい!大人女性のアクティブコーディネート15選★

夏のアウトドアに着て行きたい!大人女性のアクティブコーディネート15選★

  • 2018.7.10
  • 37390 views

夏は、BBQやフェスなど、アウトドアなイベントが目白押し。アウトドアなシーンでは、動きやすさや汚れてもいい服など、おしゃれからかけ離れてしまいがちですが、せっかくのイベントなので、おしゃれに決めたいですよね!

そこで今回は、大人女性がアウトドアに着ていきたいコーディネートをいくつかまとめてみました☆

動きやすいパンツスタイルをおしゃれに

出典:zozo.jp

動きやすさを重視するならやっぱりパンツスタイルですよね!

でも、動きやすさだけを気にしてしまうと野暮ったく見えてしまうことも。

ドット柄ブラウスでほんのり甘さもプラスしてみて。

undefined
出典:zozo.jp

大人のカジュアルコーデに欠かせないベイカーパンツには、今シーズン人気のグリーンを合わせて着映えを狙って☆

シンプルながらも、トレンド感が出るのがうれしいですね!

出典:zozo.jp

カジュアルコーデの大定番、デニム×デニム!

夏は、デニムジャケットを肩にさらっとかけて軽やかに着こなしましょう。

キャップでアクティブ感をプラスするのもいいですね。

出典:zozo.jp

着心地がとっても楽チンなリブパンツは、スリット入りで野暮ったさを解消し、こなれた印象に。

やわらかいカラーのワントーンでまとめると、ラフな中にも女性らしさがアピールできます。

出典:zozo.jp

リブパンツ同様に楽しておしゃれできるワッフルパンツ。

こちらは、ロングシャツをさらりと羽織った程よいルーズ感で、こなれた印象を与えています。

ストライプ柄を使えば、ラフなシルエットでもすっきり!

出典:zozo.jp

セットアップは、見た目は手が込んでいるように見えてとってもおしゃれですが、実は簡単にコーディネートが決まっちゃう優秀アイテム♪

準備が大変なアウトドアの日は、セットアップで時短しちゃいましょう!

スカートスタイルもチェック

出典:zozo.jp

アウトドアだからといって、スカート禁止ではありません!

どんな時も女っぽさを忘れたくない方は、アウトドアの日もスカートでかわいく決めちゃいましょう♡

出典:zozo.jp

ロング丈をチョイスすれば、スカートコーデでも露出が気にならず、アウトドアにも使えそう!

華やかなドット柄のロングスカートで、着映えを狙って外でもパッと目を引くコーディネートに♪

出典:zozo.jp

ボーダートップスにカーキボトムのカジュアル定番組み合わせも、ボトムがスカートならほんのりかわいくて女性らしい♡

カジュアルな中にもしっかり女っぽさをアピールしたいときにおすすめです。

ワンピース・オールインワン・オーバーオールで簡単コーデ

出典:zozo.jp

ワンピースやオールインワンも、先ほどのセットアップと同じく、簡単にコーディネートが決まって、時短でおしゃれを楽しめるアイテムです。

レギンスなどを合わせれば、動きやすさもばっちり!

出典:http://zozo.jp/

レディライクなワンピースですが、キャップとスニーカーでスポーツミックスに仕上げると、アウトドアのシーンでも活躍してくれますよ!グリーンと白の清涼感あるカラー使いもポイントです。

出典:zozo.jp

ゆるワンピース一枚で、着心地にこだわったコーディネートは、とってもシンプルなので、小物でアクセントをプラスするのがベスト。

ちょっと変わったデザインの小物を合わせてみるのもいいですね♪

undefined
出典:zozo.jp

オールインワンも、一枚で簡単におしゃれが楽しめる優秀アイテム!

薄着の季節は、後ろからまたかわいさにもこだわって、バックデザインにも注目してみて♡

それだけでも、おしゃれ度がぐんとアップしますよ!

出典:zozo.jp

今シーズン人気のグリーンは、ベージュと合わせて馴染ませて。

幼く見えてしまいそうなオーバーオールも、ベージュなら大人っぽく着こなせるから、安心ですよ♪

出典:zozo.jp

難易度の高いデニムのオーバーオールですが、アウトドアには最適!

動きやすくトレンディだから、積極的にチャレンジしていきたいですね!

フェミニンなブラウスと、真っ赤なパンプスでキュートに決めてみて♡

アウトドアもおしゃれをあきらめない!

いかがでしたか?アウトドアのシーンでは、おしゃれよりも動きやすさを重視してしまいがち。でも、アウトドアが夏のいい思い出になるよう、おしゃれを忘れたくないですね!

元記事を読む