1. トップ
  2. メイク
  3. アラサーこそトライ!誰でも美人になれる「魅惑のオルチャンメイク」

アラサーこそトライ!誰でも美人になれる「魅惑のオルチャンメイク」

  • 2018.7.9
  • 3676 views

若い女性を中心に人気のオルチャンメイク。

実は大人がしても美人度やモテ度アップが期待できることをご存知でしたか?

そこで今回は、大人向けオルチャンメイクを、コスメコンシェルジュで美肌研究家の筆者がご紹介します。

ナチュラルな平行眉で女性らしさを演出

オルチャンメイクのカギを握る眉は、長めで平行が基本。

大人のオルチャンメイクでは、あくまでナチュラルな平行眉を意識しましょう。

長めにして小顔効果も狙うことはもちろん、ほんの少し緩やかな丸みを感じさせる形にすることで、柔らかい印象を演習できますよ。

このとき、眉は太くしすぎないように注意しましょう。また、ナチュラルに仕上げたいので、なるべくアイブロウパウダーで眉を描くのがおすすめ。

アイメイクは目尻と涙袋がカギ

今回使ったアイテムは、オレンジ系ブラウンアイシャドウ、ホワイトパールのアイシャドウ、リキッド&ペンシルのアイライナー、マスカラの5つです。

オルチャンメイクの特徴はアイラインでつくる“くの字”の目尻。

しかし大人のオルチャンメイクではアイラインではなく、アイシャドウで目尻にくの字をつくるのがおすすめ。アイシャドウなら濃くなりすぎません。今回はオレンジ系ブラウンのアイシャドウでしたが、影をつくれるアイシャドウなら他のカラーでもOK。

仕上げはリキッドアイライナーで目尻より長めにラインをひき、まつげはしっかりカールしてもダマにならないようナチュラルにしましょう。

涙袋はホワイトパールのアイシャドウを目の下にのせるだけ。

物足りなさを感じたら、点線部分にペンシルのブラウンアイシャドウか、ブラウンのアイブロウパウダーで影をつくります。

あくまでも影にとどめるように! 濃くなりすぎた場合は指でぼかしたり、パウダーファンデーションなどで調整したりするとよいでしょう。

仕上げはマットな赤リップ

オルチャンメイクといえば発色のよいリップですよね。

大人のオルチャンメイクとして、今回も定番の赤リップを使いました。

赤リップがない場合は、マットで少し華やかに見えるカラーをセレクトすればOKです。

大人のオルチャンメイクが完成!

かわいらしさを連想しがちなオルチャンメイク。

しかし、大人向けにアレンジすると、妖艶な魅力を演出できるのに加えて美人度をアップさせられる魅惑のメイクだったんです。

カギとなるのが眉、アイメイク、リップ。それぞれのポイントさえおさえれば、誰でも簡単に大人のオルチャンメイクができますよ。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

元記事を読む