1. トップ
  2. スキン・ボディケア
  3. いつでも愛され肌♡タイプ別ボディケアで夏も保湿ケア♪

いつでも愛され肌♡タイプ別ボディケアで夏も保湿ケア♪

  • 2018.7.8
  • 5592 views

カサカサ乾燥肌向けボディケアアイテム

・乾燥肌ってどんな肌?

乾燥するとかゆみが起こる、粉ふきしている部分がある、肌の手触りがごわつくという方は乾燥肌タイプ。季節問わず全身の肌が乾燥し、潤いが足りていない状態です。乾燥肌ボディには、保湿力の高い成分が配合されたクリームやオイルでボディケアをしましょう。特に湯上りは肌が乾燥しやすいので、濡れた肌でも使えるボディオイルが便利ですよ♪

・顔にも使える万能オイル

<商品>クナイプ ビオオイル ローズ/500円(税抜)20ml、1,800円(税抜)100ml高い保湿力と気持ちをリラックスさせる香りのダマスクローズを配合。ふんわり華やかな香りを楽しみながら、乾燥肌をしっとりケアします。サフラワー油やオリーブオイル、ローズヒップオイルも配合されており、乾燥が激しい時期もしっかり保湿。ボディに使うときは、お風呂上がりの濡れた肌にそのまま使えます。マッサージすると、お風呂上がりで血流がスムーズになっているので、老廃物排出も期待できる優秀オイルです。

・1,000円以内で買えるプチプラボディオイル

※画像はリニューアル前のもの<商品>専科 ボディオイルエッセンスn /620円(税抜)専科シリーズといえば、天然シルクエッセンス配合のコスメで有名。ボディオイルエッセンスnには、シルクエッセンスに加えて、アルガンオイル、ローズヒップオイル、オリーブオイル、ホホバオイルと4種類の高保湿オイルを配合しています。無香料とリラックスフローラル、フレッシュフローラルの3つの香りがあるので、好みの香りを選べるのが嬉しい!プチプラだから、お財布を気にせず何本もストックしておくと、惜しみなくたっぷりと使えます。

ベタつきが気になる混合肌向けボディケアアイテム

・混合肌ってどんな肌?

乾燥する部分もあるのに、背中や首元、デコルテは皮脂でベタつくという方は混合肌タイプ。特に背中ニキビができやすい人は、混合肌のサインなのでしっかりボディケアしましょう。混合肌タイプには、さらっとしたテクスチャーで肌の油分と水分を整える成分が配合されているボディオイルやクリームがオススメです。

・オイルなのにベタつかない!

<商品>無印良品 ホホバオイル /2,306円(税抜)200mlホホバオイルは植物性オイルの中でも、特に高い保湿力を誇っています。さらに、テクスチャーがさらっと軽いから、混合肌でもベタつきを気にせず保湿ケアができるのです。無印のホホバオイルは、無香料で癖がないから、万人が使いやすいオイル。顔にも使えるので、顔、ボディ両方の保湿ケアができてコスパの良いアイテムです。

・美白ケアもできるさっぱりボディミルク

<商品>ニベア リフレッシュプラス ホワイトニングボディミルク /オープン価格ミルクタイプなのにさらっとしていてベタつかない、スーッと肌になじむニベアのボディミルクです。ビタミンCを配合し、ボディのシミやソバカスなどの紫外線ダメージを防ぎながら、ボディの保湿ケアも行えます。爽やかなオレンジとベルガモットの香りで、使い心地もスッキリ!ビタミンCはニキビを防ぐ作用もあるので、背中ニキビ予防にも使えます。お風呂上がりの火照った肌に使うと、清涼感があって気持ちいいですよ♪

刺激に弱い敏感肌向けボディケアアイテム

・敏感肌ってどんな肌?

普段は気にならないのに、季節の変わり目になると肌の乾燥やかゆみが気になる、という方は敏感肌タイプ。敏感肌タイプは、肌のバリア機能を整える成分や保湿力の高い成分が配合されたボディクリームや、敏感肌専用に作られたものを使ってボディケアしましょう。

・大容量でコスパ最高♡

<商品>セタフィル モイスチャライジングクリーム /2,650円(税抜)453g無香料、低刺激性で敏感肌でも使えるクリームです。大容量で顔にも使えるので、スキンケアの最後のフェイスクリームとしても使えます。濃厚なクリームですが肌にスッと浸透し、角質層の潤いを補って乾燥予防。角質層が潤いで満たされると、外部刺激の侵入がブロックされ、かゆみや肌荒れなどを防ぎます。

全ての肌タイプに使えるボディローション

<商品>ジョンマスターオーガニック ベアボディローション /2,500円(税抜)軽くみずみずしいテクスチャーのボディローションは、肌質関係なく使えます。植物由来成分を配合し、全身の肌を優しく整えて保湿。肌荒れを防ぐアラントインやアルニカ花エキスを配合し、刺激による肌荒れを防ぎます。ボディケアコスメは、自分の肌タイプに合うものを選んでください。毎日のお風呂上がりのケアを日課にして、触れたくなるふんわりマシュマロ肌を目指しましょう♪

元記事を読む