1. トップ
  2. 恋愛
  3. 君と付き合って良かった…♡”夏デート”でキュンとする「彼女の神対応」4つ

君と付き合って良かった…♡”夏デート”でキュンとする「彼女の神対応」4つ

  • 2018.7.7
  • 24686 views

夏はアウトドアのイベントも多く、暑さで体調を崩すことありますよね。
デート中、彼が辛そうだったら、あなたはどうしますか?
そこで今回は、夏デートでキュンとさせる「彼女の神対応」を、紹介していきます。

(1)愚痴は言わない

『暑くても笑顔でいる彼女はイイ』(27歳/IT)

夏は暑くてグッタリしますよね。
しかし、隣でずっと「暑い」や「疲れた」と言われれば、余計にグッタリするもの。
特に、彼が暑さでダウン寸前ならば、イライラが爆発。

暑くて愚痴を言われても、彼にはどうすることもできません。
自分が体調を崩している時に、相手の心配をする余裕はないもの。

しかし、男性は弱いところを見せたくないので、体調不良であっても素振りをしない可能性があります。
普段から、愚痴は言わないように気をつけておきましょう。

(2)「大丈夫?」と声掛けする

『自分の表情で体調の変化を分かってくれるからスゴイ』(31歳/公務員)

彼の疲れた仕草や表情を見逃さないことが大事。
少しでも体調が悪そうであれば、「大丈夫?」と声掛けしましょう。
心配そうな表情で声掛けすれば、自分のことをいつも気にしてくれていると分かり、深い愛情を感じます。

ただし、彼が「大丈夫」と答えた時には、それ以上心配することは、やめておきましょう。
男性は、必要以上に心配されると「弱い男」と言われているようで、嫌な気持ちになる人もいます。
しばらくは様子を見るようにして、まだ調子が悪そうであれば、もう一度声掛けしてみましょう。

(3)予定を変更する

『彼女がすごく行きたがっていたデートなのに、猛暑でダウン。でも彼女はすぐに近くのカフェで休もうと言ってくれた時は有り難かった』(29歳/営業)

彼が「大丈夫」と言っても、あきらかに体調が悪そうな場合は、予定を変更することを提案してみましょう。
また、彼が体調不良を認めた時も、予定変更を受け入れると良いですね。

たとえ行きたかった場所であっても、文句を言ったり、残念そうな顔をすることはNG。
突然のハプニングにも、対応できる器の大きさに、救われるもの。
涼しいカフェで休憩するなど、臨機応変に対応していきましょう。

(4)デートを切り上げることを提案

『自分からは言い出しにくいから、彼女から言ってもらえると助かる』(33歳/金融)

どうしても彼の体調が悪そうならば、デートを切り上げて帰ることを提案してみましょう。
男性は、自らの体調不良のせいで「帰ろう」とは言い出しにくいもの。
彼女から提案してくれると、有り難く感じます。

この時、「デートよりもあなたのほうが大事」ということを伝えましょう。
自分のことを本気で心配してくれる彼女は、手放したくない彼女になります。

もちろんこの時、残念な表情は出さないよう注意しましょう。
「良くなったら、デートの続きしようね」と伝えることも、お忘れなく。

----------

夏デートでは、体調を崩すこともあります。
そんなハプニングがあっても、柔軟に対応して、体調を最優先してくれる彼女にキュンとするもの。
自分の体調管理も大切ですが、彼の体調にも気を配れるようにしましょう。

(文/恋愛jp編集部)

元記事を読む