1. トップ
  2. ファッション
  3. クリスチャン ルブタン「キャバレー」着想源の新ブティックが六本木ヒルズに、限定シューズも

クリスチャン ルブタン「キャバレー」着想源の新ブティックが六本木ヒルズに、限定シューズも

  • 2018.7.6
  • 861 views

クリスチャン ルブタン「キャバレー」着想源の新ブティックが六本木ヒルズに、限定シューズも

クリスチャン ルブタン(Christian Louboutin)が、メンズ・ウィメンズ共にアイテムを取り揃えるブティックを、2018年7月13日(金)六本木ヒルズにオープンする。

undefined
www.fashion-press.net

店舗デザインの着想源は"キャバレー"

2020年に向けて、大規模リニューアルを行っている六本木ヒルズ。施設では、ミシュラン星付きレストランを揃えたフロア「プレミアムダイニングフロア」の設置やブランドの新店を構えるなど、着々とその計画が進められている。

そんな新店の1つとして誕生する、クリスチャン ルブタンのブティックには、クリスチャン・ルブタンが愛してやまないキャバレーの遊び心にインスパイアされた内装を採用。「ウィメンズエリア」「メンズエリア」「レザーグッズ」「ラウンジエリア」の4つのエリアに分かれた店内では、その随所にブランドらしい世界観が散りばめられている。

ウィメンズエリア

「ウィメンズエリア」に入ると、そこにはスポットライトに照らし出された今季のメインラインナップがずらり。一糸乱れることなくディスプレイされたシューズは、店内の照明も加わり、よりその美しさを引き立てられている。またフロア中央には、レッドストーンのテーブルを設置。この場所で、気になるシューズを手に取って、じっくりと選ぶことが可能だ。

メンズエリア

「メンズエリア」も同様に、シューズをメインに用意。煌びやかなスポットライトに加え、内装にゴールドとシルバーのメタリックな壁紙を採用したことで、より一層ゴージャスなムードに仕上がっている。

レザーグッズエリア&ラウンジエリア

ミニシアターのような「レザーグッズエリア」は、腰を掛けながらアイテムをじっくりと吟味できるカウンターを設置。深紅のベルベットカーテンで彩られた「ラウンジエリア」には、拘りのインテリアを用意して、居心地の良い空間を演出する。

なお店内では、六本木ヒルズのブティック限定のアイテムも販売。レディース&メンズのシューズやチャームドールが店頭に並ぶので、合わせてチェックしてほしい。

【詳細】
クリスチャン ルブタン 六本木ヒルズ店オープン
オープン日:2018年7月13日(金)
場所:六本木ヒルズ森タワー ウェストウォーク2F
住所:東京都港区六本木6-10-1
営業時間:11:00-21:00
定休日:不定休

■六本木ヒルズ限定アイテム
・PROVISORE(レディースシューズ) 105,000円+税
・GREGGO ORLATO FLAT(メンズシューズ) 123,000円+税
・チャームドール 各56,000円+税

元記事を読む