1. トップ
  2. 天然ウォータースライダーに大興奮!子供と行きたい九州の渓谷4選

天然ウォータースライダーに大興奮!子供と行きたい九州の渓谷4選

  • 2018.7.5
  • 934 views

天然ウォータースライダーや河川プールがある渓谷など、ひんやり気持ちいい九州の渓谷4つをご紹介。子供も大人も、大自然の中で思いっ切り水遊びをしよう!

【写真を見る】菊池渓谷 / 遊歩道に入って最初の見どころ「黎明(れいめい)の滝」。比較的ゆるやかな道なので子連れでも歩きやすい

遊水峡 / 熊本県小国町

遊水峡 / 浅瀬で歩きやすく小さな子でも安心して遊べる。川滑りデビューにもオススメ
KADOKAWA

夏休みには、1日1000人以上が訪れる人気スポット「遊水峡」。約300mにわたってつるりとした一枚岩が続き、ゆるやかなウォータースライダーが楽しめる。上流にある2つの滝も見どころだ。

遊水峡 / 上流の「カッパ滝」は、歩いて10分ほどで到着。滝つぼでは水遊びもできる。道は狭くて滑りやすいので注意して
KADOKAWA
遊水峡 / まずは受付で入場料を支払う。トイレはここだけなので遊ぶ前に済ませておこう!
KADOKAWA

[遊水峡]熊本県阿蘇郡小国町西里 / 0967-46-4562(遊水峡キャンプ場) / 9:00~18:00 / 不定休 / 中学生以上300円、3歳~小学生200円、2歳以下無料

菊池渓谷 / 熊本県菊池市

【写真を見る】菊池渓谷 / 遊歩道に入って最初の見どころ「黎明(れいめい)の滝」。比較的ゆるやかな道なので子連れでも歩きやすい
KADOKAWA

阿蘇の伏流水が流れる自然休養林の「菊池渓谷」。水温は夏でも13度前後と冷たく、まさに“天然のクーラー”だ。往復2㎞の遊歩道があり、森林浴にもってこい。遊歩道に入って最初の見どころ「黎明(れいめい)の滝」は、比較的ゆるやかな道なので子供でも歩きやすい。

菊池渓谷 / 涼を求めて、たくさんの人が訪れる。休憩するなら遊歩道の折り返し地点にある「広河原」付近がオススメ。家族みんなで大はしゃぎしよう
KADOKAWA

[菊池渓谷]熊本県菊池市原 / 0968-25-0513 / 8:30~17:00 / 12~3月休み(入谷は可) / 高校生以上100円(協力金として)

猿飛千壺峡 / 大分県中津市

猿飛千壺峡 / 真っ白な岩と青い水のコントラストが美しい。下流には「魔林峡」や、深い谷をまたぐ「念仏橋」がある
KADOKAWA

その昔、ヤマザルが岩場を飛び回っていたことが「猿飛」の由来という「猿飛千壺峡(さるとびせんつぼきょう)」。長い年月をかけて川底にできたおう穴群は国の天然記念物にも指定されている。

猿飛千壺峡 / おう穴群のそばにある「さるとび茶屋」。山国町産の黒豚やシイタケを使ったバーベキュー、郷土料理など地元の名物を味わえる
KADOKAWA

[猿飛千壺峡]大分県中津市山国町草本 / 0979-62-3111(中津市山国支所) / 不定休(さるとび茶屋) / 入場無料

轟峡 / 長崎県諫早市

轟峡 / 虹がかかる「楊柳の滝」、落水の爆音が響く「轟の滝」など、大小30余りの滝からなる
KADOKAWA

虹がかかる「楊柳の滝」、落水の爆音が響く「轟の滝」など、大小30余りの滝からなる「轟(とどろき)峡」。渓流の脇には遊歩道がある。

[轟峡]長崎県諫早市高来町 / 0957-22-8325(諫早観光物産コンベンション協会) / 入場無料(九州ウォーカー・九州ウォーカー編集部)

元記事を読む