1. トップ
  2. ネイル
  3. 夏にピッタリのデザインをご提案♪長さ別・夏ネイルのすゝめ

夏にピッタリのデザインをご提案♪長さ別・夏ネイルのすゝめ

  • 2018.7.5
  • 6071 views

夏らしいネイルアートは沢山あります。どんなものにするか色々と悩む所ですが、長さをキーワードにして考えてみるのはいかがですか。短いネイルには短いネイルの、長いネイルには長いネイルの良さというものがあります。それらを存分に感じられるネイルアートをご紹介していきます。

ショートネイルに合ったネイルアート

ショートネイルはフリーエッジの部分が少なく、爪の形そのものが出やすいですよね。ショートネイルをすればコロンと可愛らしい爪の形になりやすいので、ネイルアートもそんな爪の形に合うものを選びましょう。

夏祭り、金魚、花火のような夏をイメージするネイルアートであっても、ペイントで可愛らしく描けるものをチョイスするといいでしょう。
水風船や金魚鉢の丸さを爪の形が表現してくれるので、さりげなくネイル全体の完成度も上げてくれますよ。
ペイントのテイストもどこか懐かしく、温かみのあるようなタッチを目指しましょう!

美しさを堪能するのであればロングネイルに

ショートネイルが可愛らしいネイルだったのに対して、ロングネイルは見た目からしてキレイで美しいネイルになります。

波ネイルやキャンドルネイルのような繊細なカラーグラデーションや、浴衣の和柄をペイントするようなネイルアートは、ショートネイルよりもロングネイルの方が断然オススメ。
爪の上に繊細な色の移り変わりや細やかなネイルアートをする事になるので、単純に爪の面積を広げられるという点でも、ショートネイルよりロングネイルの方が有利なんです。

ロングネイルの形も先細りのものや太さが均一なもの、スクエアにカットされたものと様々です。
先を尖らせたりスクエアにカットすればするほどシャープな印象がプラスされるので、ネイルアートと一緒にどの形が一番いいのか考えていきましょう。

中間の長さにはネイルパーツでのネイルアートが◎

ショートでもロングでもない、中間の長さのネイルには、ネイルパーツを使ったネイルアートはいかがでしょうか?

ショートネイルよりも長さがあるので、きちんと爪の形を好みのものに整える事が可能で、爪だけでなく指全体の形が美しく見える爪の長さになっています。
ロングネイルも美しく整える事は可能ですが、人によっては長すぎるネイルに抵抗がある人もいますよね。なので、万人受けを考えてもこの長さは指の美しさが一番際立つ爪の長さと言えるでしょう。

美しく見える爪の形にこそ映える、キラキラ輝くネイルパーツたち。
3つの長さの中で一番、ネイルパーツに焦点を当ててネイルアートが楽しめますよ。

長さ別でネイルアートを考えると、いつもと違った選び方が出来るのではないでしょうか?次のネイルチェンジの参考にしてみてくださいね。


Itnail編集部

元記事で読む