1. トップ
  2. ダイエット
  3. 飲み方次第で逆効果!?炭酸水とダイエットの関係

飲み方次第で逆効果!?炭酸水とダイエットの関係

  • 2015.2.24
  • 6743 views

飲むだけでなく、入浴や化粧水としても人気の高い「炭酸」。炭酸水を飲むと胃が膨れて食べ過ぎ防止になる、と炭酸水を使ったダイエット法も紹介されていますが、飲み方を間違えると逆に食欲増進してしまうこともあるそう。せっかくの炭酸の効果を台無しにしない、ダイエットのサポートになる炭酸水の飲み方をご紹介します。

■炭酸水がダイエットのサポートになる理由2つ

(1)冷え取りで代謝UP

炭酸水は、炭酸ガスが水に溶け込んだもの。天然の炭酸水もあれば、人工的に炭酸ガスを溶かしこんだものもあります。炭酸ガスは、水に溶けた状態(この状態を「炭酸」と呼びます)にあると皮膚や粘膜から身体へ吸収されます。身体へ吸収された炭酸は、血管に入り込み内側の壁を刺激して血管を広げるホルモンの分泌を促すため、血流がスムーズになるそう。そのため、炭酸水を飲むことで、胃腸の血流が増加し身体を内側から温めるサポートになります。

身体が温まり胃腸の働きがスムーズになることで、栄養の吸収・老廃物の排出といった消化吸収機能が高まり、代謝のよい余分なものを溜めこまない痩せ体質作りのサポートに。

(2)満腹中枢を刺激

炭酸水は、水とは違いガスが入っているため胃が膨らみます。胃が膨らむことで満腹中枢が刺激され、空腹感が抑えられるそう。また、食前に飲めば、胃の空きスペースが少なくなり、食べる量の調整にも役立ちそう!

■ダイエットのためには「たっぷり」が基本

胃腸の血流がよくなるのはいいのですが、国際医療福祉大学大学院の前田教授によれば、100ml程度の炭酸水では食欲が増進してしまう、とのこと。ダイエットのために炭酸水を飲むのであれば300~500ml飲むのがおすすめだそうです。空腹感を紛らわすために炭酸水を飲むのであれば、たっぷり飲むのが基本。

血流を改善する効果があるとはいっても、冷たい炭酸水は胃を冷やしてしまいますから、できるだけ常温で飲みましょう。

水は毎日必ず飲むものですから、ダイエットや冷えが気になる方は、炭酸水を毎日の生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

(岩田麻奈未)