1. トップ
  2. 恋愛
  3. 失恋から立ち直る、とっておきの4つのプロセス

失恋から立ち直る、とっておきの4つのプロセス

  • 2018.7.4
  • 6443 views

恋人と別れたあとには、自分から別れを告げたとしてもフラれたときと同じくらい、ぽっかりと心に大きな穴があいてしまうことも多いもの。今回はそんな、失恋から立ち直るためのとっておきのプロセスをご紹介します。

失恋から立ち直るプロセス

日記をつけ始める

失恋したばかりのときはもやもやとした感情に包まれます。そのもやもやを解消していくためにも、今思っていることや、やるべきだと思うことをとことん追求していく必要があります。
今の気持ち(例えば、一人の時間が寂しい)、その気持ちになる理由(例えば、いつもフリータイムは彼と過ごしていたから)、その気持ちを解消するためにはなにをすればいいのか(例えば、ぼおっとする時間を減らすためにも趣味を探す)などをどんどん紙に書き出していくのです。
そうするとどんどん頭の中が、クリアになっていきます。そしてこうやって綴っていくことで、失恋から立ち直っていく自分の姿を振り返ることもできるし、どんなことが自分にとって必要なのか、そうではないのかがわかるようになっていきます。

自宅の環境をリフレッシュする

彼のことを思い出させるようなアイテムを自宅から無くすようにしましょう。彼からのプレゼントや彼があなたの家においていったもの、2人の思い出の写真などをきれいスッキリ片付けるようにすると、心のもやもやもクリアになります。
また、部屋の中の香りも、気分や優しくなるようなアロマを炊いたり、生花を飾ったりしてリフレッシュさせます。お天気のいい日にはいつも以上に空気の入れ替えをして、自宅の気を変えるようにしましょう。

新しいポジティブなことを生活に取り入れる

2人の思い出を振り返ったり後悔をし続けたりすることを避けるためにも、新しいポジティブなことを生活に取り入れる必要があります。陶芸や読書、エクササイズのレッスンなどをスタートして、ネガティブな気持ちをポジティブなものに置き換えていくのです。
新しいエナジーはあなたに新しい考え方を提案してくれます。これまで自分で気づいていなかった才能に気がつくことだってあるんですよ。

大好きな人達、大好きなものに囲まれて過ごすこと

前向きに頑張らなくてはと思っても、やはり彼のことを思い出しては涙が出てしまうことだってあります。そんなときは、その感情を抑えず心ゆくまで涙しましょう。
でも覚えていてほしいのが、つらくてもしっかりとご飯を食べること。そして、家族や友人と一緒に過ごす時間をたくさん取るようにすること。生活サイクルを安定させることを忘れずに!
最低でもこの3つさえキープしておけば、これ以上のどん底に落ちることはなく、上昇するのみなのです。

元記事を読む