1. トップ
  2. ファッション
  3. 世界初!サメ革とオイカワデニムのコラボバッグが誕生

世界初!サメ革とオイカワデニムのコラボバッグが誕生

  • 2018.7.3
  • 932 views

世界初のサメ革×デニムのバッグが7月2日(月)に発売された。震災をきっかけに生まれた、革の中でも水に強く丈夫なサメ革を専門に取り扱う気仙沼のブランド「シャークス」が作るバッグをご紹介しよう。

世界で愛される「オイカワデニム」のセルビッチデニムとコラボしたバック「Kesennuma」は、使うほどに味が出るデニムとサメ革素材を使用。

持ち手の部分と底の部分にサメ革を使ったトートバッグ「Kesennuma安波山」3万9960円(税込)は、その他の部分に「オイカワデニム」のセルビッチデニムを使用。気仙沼の市の象徴・安波山(あんばさん)の名前がつけられている。サイズは、W47×D11×H34cm、持ち手の長さは55cm。

持ち手にサメ革、その他にデニムを使った「Kesennuma岩井崎」3万1320円(税込)は、手提げとしてもクラッチバックとしてもつかえる2WAYバッグ。

気仙沼湾の観光地・岩井崎(いわいさき)の名前がつけられた凛としたバッグで、サイズはW32×H36cm(うち、持ち手部分が10cm)。

「Kesennuma」は、気仙沼市の「シャークス」本店と公式オンラインショップにて発売中だ。

サメの水揚げが全国の9割を占めるという気仙沼港で生まれた、サメ革とデニムのバッグ。使えば使うほどに艶が増すオールハンドメイドならではの素材の魅力を感じてみて。

■「シャークス」 住所:宮城県気仙沼市南町海岸1-14 商業施設内湾

元記事を読む