1. トップ
  2. レシピ
  3. 調理時間はほぼ5分! 夏バテボディもよろこぶ「牛肉の梅煮とろろ添え」

調理時間はほぼ5分! 夏バテボディもよろこぶ「牛肉の梅煮とろろ添え」

  • 2018.7.2
  • 680 views
【写真を見る】梅干しをほぐすと、味の変化が楽しめる!
調理:市瀬悦子 撮影:木村拓

暑い、だるい、疲れた……。そんなときには、少ない食材で手早くできるレシピに頼りましょう。「牛肉の梅煮とろろ添え」は、5分で完成の超簡単スピードメニュー。免疫力アップに役立つ良質なたんぱく質の宝庫、牛肉と、疲労回復効果の高い長いも&梅干しで、夏バテ解消にも役立ちます。煮汁が煮立つまでの間に長いもを準備するのが、時短のコツ。ポリ袋に入れてめん棒などでたたくだけなので、すりおろすよりも簡単です。

牛肉の梅煮とろろ添え

【材料】(2人分)

牛こま切れ肉 200g、長いも 150g、青のり 適量、煮汁(梅干し 小2個〔約20g〕、しょうゆ 大さじ3、酒、みりん、砂糖 各大さじ1、水 1カップ)、片栗粉

【作り方】

1.フライパンに煮汁の材料を混ぜ、強めの中火にかける。煮立つまでに、牛肉に片栗粉小さじ1をふる。長いもはポリ袋に入れ、めん棒でたたいて小さめに砕く。

2.煮汁が煮立ったら弱めの中火にして牛肉を加え、ほぐしながら約1分30秒煮る。

3.肉の色が変わったら器に盛り、長いもを添えて青のりをふる。

(1人分409kcal)(レタスクラブニュース)

元記事を読む