1. トップ
  2. 恋愛
  3. 映画『オンリー・ザ・ブレイブ』アリゾナの巨大山火事に立ち向かった消防士を描く感動の実話

映画『オンリー・ザ・ブレイブ』アリゾナの巨大山火事に立ち向かった消防士を描く感動の実話

  • 2018.6.29
  • 1086 views

映画『オンリー・ザ・ブレイブ』アリゾナの巨大山火事に立ち向かった消防士を描く感動の実話

映画『オンリー・ザ・ブレイブ』が、2018年6月22日(金)、TOHOシネマズ日比谷ほか全国の劇場にて公開される。

undefined
© 2017 NO EXIT FILM, LLC

巨大山火事に立ち向かう消防士を描いた実話

2013年アメリカのアリゾナ州で発生した巨大山火事に立ち向かった、精鋭部隊"ホットショット"。『オンリー・ザ・ブレイブ』はそのチームに所属する20人の男たちが、大切な仲間、愛する家族、人々の命を守るため、勇気だけで炎の海に身を投げ出した感動の実話を描く。

主人公の消防士役にジョシュ・ブローリン

森林消防の現場を支える精鋭部隊"ホットショット"のリーダー・マーシュには、『ボーダーライン』『デッドプール2』に出演しているジョシュ・ブローリン。マーシュが率いるのは、ちなみにエリートと呼ばれるホットショットの中で唯一、地元の消防団からホットショットへと昇格した叩き上げのプロ集団が“グラニット・マウンテン・ホットショット”。屈強な男たちをまとめる父親的存在でもあり、厳しさの中にも優しい一面を覗かせる男を演じる。

危険な仕事で気が抜けないだが、バーでは渋い美声を披露する。ジェフ・ブリッジスは、バンドの演奏にあわせてギターとボーカルを担当。軽快なウェスタン・ミュージックを奏でる。

ジョシュは、マーシュを演じるにあたってリサーチ、その感想を次のように語った。
「マーシュはすぐに華々しいスタートを切れたわけではありません。あらゆることで苦労を強いられた。彼には人間味があり、もちろん欠点もあったが、素晴らしいリーダーになるための資質を学んだんです。彼がホットショットの指揮官になるまでに費やした努力の大きさに僕は感動しましたね」

マーシュを献身的に支える妻役には、『アリタ:バトル・エンジェル』の公開を控えるジェニファー・コネリーを迎えた。

マイルズ・テラーがホットショットのメンバーに

ドラック中毒から這い上がり、ホットショットのメンバーとして森林火災に立ち向かう青年・ブレンダンを演じるのは『セッション』のマイルズ・テラー。

ブレンダンは一言で言えば屑男。麻薬やセックスに溺れ堕落した生活を過ごす。母親からも見捨てられる。それでも別れた恋人が自分の子どもを妊娠・出産したことにより人生が一転。きっと人生を一変させる転機を探していたのだ。以前はは何をやってもダメで「あいつはなんでも中途半端」と言われてたが、娘のために更生。そして、ジョシュ・ブローリン演じるマーシュ率いる森林消防隊の求人募集に向かう。

その他、『キングスマン:ゴールデン・サークル』のジェフ・ブリッジス、『バトルシップ』のテイラー・キッチュなどが出演し、命を懸けて巨大な山火事に立ち向かう熱い男たちの姿を描く。

監督にジョセフ・コシンスキー

映画『オンリー・ザ・ブレイブ』のメガホンを取ったのはジョセフ・コシンスキー。『オブリビオン』などを代表作に持ち、『トップガン』の続編『Top Gun: Maverick』の監督が決まっている。

『オンリー・ザ・ブレイブ』あらすじ

更生のために森林消防団に入隊した青年を待ち受けていたのは、未曾有の巨大山火事だった――。学生寮で堕落した日々を過ごしていたブレンダンは、恋人が妊娠したことをきっかけに、生まれ変わる決意をし地元の森林消防団に入隊。地獄のような訓練の毎日を過ごしながらも、仲間と絆を深め、チームを率いるマーシュとの信頼を築き、彼らの支えの中で少しずつ成長していくブレンダン。しかしそんな彼を待ち受けていたのは、山を丸ごと飲み込むような巨大山火事だった――。圧倒的迫力、炎のように燃えたぎる友情、あなたの心を熱くする感動の実話!

作品情報

映画『オンリー・ザ・ブレイブ』
公開日:2018年6月22日(金) TOHOシネマズ日比谷他全国ロードショー
監督:ジョセフ・コシンスキー
出演:ジョシュ・ブローリン、マイルズ・テラー、ジェフ・ブリッジス、テイラー・キッチュ、ジェニファー・コネリー
原題:Only the Brave/2017/アメリカ/カラー/シネスコ/5.1chデジタル/2時間14分/字幕
翻訳:林完治
(c)2017 NO EXIT FILM, LLC

元記事を読む