1. トップ
  2. 旅行・おでかけ
  3. 横浜赤レンガ倉庫「フラワーガーデン 2015」、過去最多47,500株の草花による”花の絨毯”

横浜赤レンガ倉庫「フラワーガーデン 2015」、過去最多47,500株の草花による”花の絨毯”

  • 2015.2.24
  • 11428 views

2015年3月28日(土)から4月19日(日)まで、横浜赤レンガ倉庫にて「フラワーガーデン2015」が開催される。

今回で9回目となる「フラワーガーデン」は、2015年4月に開館13年を迎える横浜赤レンガ倉庫のリニューアルアニバーサリーとして、色とりどりの花で祝福する春恒例のイベント。その年ごとにテーマを設け、春らしい草花を用いて演出される本イベントは、横浜の春の風物詩として人気を博している。

2015年のテーマは「協奏〜concert(コンチェルト)〜」。様々な文化や人々が交流をしてきた開港の地、横浜を象徴する赤レンガ倉庫で、様々な草花や文化とのふれあいを生み出そうという狙いだ。

会場には過去最多となる47,500株以上、30種類の草花を使い、ベルギーで開催される花の祭典「フラワーカーペット」をイメージした、美しい花壇が登場。その花壇のデザインには、日本の伝統模様である「蜀江錦」を採用しながら、トルコの毛織物「キリム」のような鮮やかな配色を施すことで、横浜ならではの異文化が絶妙に溶け合った、まさに“協奏”が表現されたデザインとなっている。

また、日没後には会場全体をライトアップ。昼間の鮮やかさとはひと味違った、幻想的な景観を楽しめる。

【イベント詳細】
横浜赤レンガ倉庫「フラワーガーデン 2015」
期間:2015年3月28日(土)〜4月19日(日)
ライトアップ:18:00〜24:00
場所:横浜赤レンガ倉庫 イベント会場
住所:神奈川県横浜市中区新港1-1
入場料:無料
草花:47,500株

【問い合わせ先】
横浜赤レンガ倉庫 2号館
TEL:045-227-2002(代表)

元記事を読む