自分勝手な彼に振り回されています…【ひかりの恋愛相談室】

Grapps

5月から新連載の「ひかりの恋愛相談室」がスタートしました。このコーナーでは、人気書籍 “ 「大人女子」と「子供おばさん」"の筆者であるコラムニスト・ひかりさんにGrapps読者様のお悩みを答えていただきます。

----------

付き合っている彼の自分勝手な行動に振り回されてしまっている女性は少なくありません。そんなとき、どうしたらいいのでしょうか。今回は、こういったお悩み相談です。

Mさん・44歳のお悩み

Grapps

離婚してちょうど1年くらい経った頃に、SNSで今の彼(※15歳年下のの29歳)と出会いました。付き合い始めて半年ほどたった頃から、彼が結婚をほのめかすようになり、何の相談もなくマンションを購入してしまいました。ちゃんとしたプロポーズはされていないのですが、私と結婚する気はあるようです。

ただ、彼が購入したマンションは、彼の実家の近くにあり、そこでいつか一緒に住むとなると、今の仕事場まで2時間ほどかかってしまいます。また先日は、彼の両親と会う予定だったのですが、彼の仕事の都合で延期になってしまいました。



なんだか彼に振り回されてばかりいて、モヤモヤした日々を過ごしています。離婚を経験しているので、「また失敗したら」とか「本当に彼は私でいいのかな」とか、不安になってしまいます。

彼からは、私のことを真剣に考えているから、少し待っていてほしいと言われているのですが、このモヤモヤを晴らすために、今、私ができることは何でしょうか。

Mさんへ回答

この彼は、自分の都合だけで行動してしまうタイプなのかもしれませんね。Mさんからしてみたら、「まだプロポーズもされていないし、OKもしていないし、家だって、一緒に住むことになるのに、どうして勝手に決めちゃうの?」と思うのは当然のことでしょう。



ただ、年下の彼からしてみたら、ちょっと年上のMさんを男としてリードしていかなければ、と頑張りすぎて、空回りしてしまっているところもあるのかもしれません。ひょっとしたら、彼の実家から近いマンションにしたのも、ご両親に少しお金を援助してもらうから、説得しやすい場所にした、なんて可能性もあるかもしれません。またMさんには言っていなくても、両親からは、“15歳年上のバツイチ女性”との結婚に反対されている可能性だって、ゼロではないでしょう。

Grapps

今、Mさんができることと言えば、彼のペースに合わせて、待っていることしかないかもしれません。こんなときにMさんまで不安になって彼を責めてしまったら、彼はいっぱいいっぱいになって、関係が壊れてしまうこともあり得ます。だから、「彼なら大丈夫!」と信じて、ドーンと構えていた方がいいでしょうね。



また、ハッキリしたプロポーズはなくても、「もう大人の年齢で付き合っているのだから、結婚を前提に考えるのは当たり前」という感覚の人もいるものです。もし、きちんと言ってほしいなら、可愛く「プロポーズの言葉をちゃんと言ってほしいなぁ」と甘えてもいいでしょうしね。

そんな彼をフォローできるようになるしかない

Grapps

人の性格は簡単には直らないので、彼の「自分勝手に物事を進めてしまう癖」は、なかなか変わらないかもしれません。だったら、どうするか?ですよね。それでもこの彼と結婚するのか、振り回されるのは嫌だから、結婚は止めるのか。



とはいえ、おそらくMさんは結婚する気でいるとは思うので、だったら彼を包み込むような愛情でサポートしていくしかないでしょうね。

もちろん通勤で片道2時間かかる家に住むのは、大変なことでしょう。でも、住む家を用意してもらった、というのもありがたいこと。というか、もう彼は買っちゃったのだから、仕方がありません(苦笑)。



自分の人生の優先順位で、「彼との生活」を1番に考えるのであれば、この件についてはグッと我慢して、結婚したら、その家から通うか、転職も考えていくか、でしょうね。

ただし、今後のことについては、「2人の生活のことは、2人で一緒に決めようね」と約束をした方がいいし、やんわりと彼を教育していった方がいいでしょうね。

不器用な彼を育てていける女性に!

Grapps

この彼に限らず、“リード下手な男性”というのは、結構いるものです。しかも、男性は基本、自分がリードしたい(=女性にリードされるのは嫌がる)人が多いので、その場合は、大変ではありますが、女性側が合わせた方が2人の関係はうまくいくものなんですよね。

そんな不器用な彼に対して、「付き合っていられない!」と縁を切るのか、「相手のペースに合わせつつ、彼を育てていこう」と思うかは、女性側の度量にもよるでしょうね。



特に年下の彼と付き合う場合は、 ある意味、相手を手の平で転がすくらいの心の余裕を持っていた方がいいでしょう。たとえ年上であっても、人によっては、男性の方が精神的に幼いことの方が多いものなので、恋人が年下であれば尚更、危なっかしいところは色々と目につくと思います。そんなときも動揺しないで、「それでいいよ」と合わせられるくらいの器と柔軟性は持っていた方がいいかもしれません。



それこそ、ある程度の年齢になったら、Mさんに限らず、女性はそんな男性を受け止められるくらいの包容力は必要です。もしMさんがそんな愛情深い女性でいることができたら、結婚後、彼は「結婚相手にMさんを選んでよかった」と、きっと思うことでしょう。彼だって、今まで誰かと付き合ったことがあるのであれば、同じようなところで失敗をしているでしょうしね。

だから、彼と幸せな恋愛、結婚を目指すのであれば、Mさんも器を大きくしていきながら、上手にフォローできる女性になりましょうね。



コラムニスト・ひかり

元記事を読む
提供元: Grappsの記事一覧はこちら

FEATURE

サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。