1. トップ
  2. 恋愛
  3. 2日間で売上1億円!スーパーキャバ嬢、エンリケが初の著書を出版!

2日間で売上1億円!スーパーキャバ嬢、エンリケが初の著書を出版!

  • 2018.6.22
  • 1649 views
華やかに彩られた三省堂書店名古屋本店の中央レジ横特設会場にエンリケが登場!
KADOKAWA

【写真を見る】女性のファンの多さに驚かされた!子どもを連れたママの姿もあった

「名古屋で7年連続売上ナンバーワン」「2日間で1億円の売上達成」「直瓶」「エンリケカップ開催」など、数々の伝説を残す名古屋・錦のスーパーキャバ嬢の小川えり。“エンリケ”の愛称で知られる彼女が、これまでの経験を元に成功のヒントを綴った著書「日本一売り上げるキャバ嬢の指名され続ける力」を6月15日(金)に発表。6月16日(土)にはタカシマヤゲートタワーモール8Fの三省堂書店名古屋本店で「サイン本お渡し会」が行われた。

【写真を見る】女性のファンの多さに驚かされた!子どもを連れたママの姿もあった
KADOKAWA

この日のために設けられた中央レジ横特設会場には、女性を中心としたファンが集結!ざっと見たところ200人程度の女性陣が列を作っていた。華やかな装飾のシャンパンタワーにちなんだブックタワーも美しく、ここでも見事なエンリケ空間を演出!ファンとの自撮りにも応じ、貴重な触れ合いを楽しんでいた。

ファンからプレゼントをされて感激!気取らないのが彼女の魅力だ
KADOKAWA

著者「日本一売り上げるキャバ嬢の指名され続ける力」では、効果的なSNSの活用や前例のなかったインスタでの店内生放送など、小川さんの経験や実績を元にしたアイデアや仕事に対する考え方などがまとめられていて、ビジネスシーンで応用できる内容も多数。ナンバーワンを維持するための秘訣が惜しみなく披露されている。

「出版の依頼がきた時は『やっとか!』と思いました(笑)。それくらい、私の経験をまとめて伝えたいという感情がありました。努力しているけれど結果がついてこない方や、上手くいっていない方に届いてほしいですね。職種を問わず幅広い方々に読んでいただけたらと思いますし、絶対にヒントとなるメッセージがあるはずです」

今でこそスーパーキャバ嬢として知られる小川さんも、かつてはなかなか結果が出ず、苦労したことも。「その時は環境を変えました。つまりお店の移籍です。スパっと即断即決して行動することが大切だと実感しましたね。初めてナンバーワンになって、それでも満足することなく努力を続け、お客様が私自身を成長させてくれたと感じています。振り返ると、いつも目標となる人物を見つけて『追い越したい!』と頑張ってきましたね。もちろん今もいますよ。誰かは内緒ですけどね(笑)」と話す。

「結果を出したい方に読んでもらいたいですね」と話す小川さん
KADOKAWA

小川さんは360日休むことなくお店に出勤し、雑誌「小悪魔ageha」でモデルを務め、セミナーも開催。仕事に対するエネルギーとモチベーションがとにかくすごい!自身の性格について聞くと「負けず嫌い」と笑う彼女。著書では今後のビジョンについても語られているので、ファンはもちろん、成功のキッカケをつかみたい人にはぜひとも読んでもらいたい。まだまだやみそうにないエンリケ旋風!今後の彼女の動向もチェックしよう。

●小川えり PROFILE/

1987年11月2日生まれ、岐阜県出身、愛知県名古屋市在住。名古屋・錦の老舗高級キャバクラ「アールズカフェ」に週7日、年間360日出勤中の現役キャバ嬢。売上・指名数・顧客数で7年間連続ナンバーワン記録を更新中。2017年10月のバースデー・イベントは2日間で1億円を売り上げ、名実ともに日本一のキャバ嬢となる。時代の波に乗ったSNS展開が話題で、毎日のインスタライブを楽しみにするファンも多い。(東海ウォーカー・町田拓郎)

元記事で読む