1. トップ
  2. グルメ
  3. 関根麻里「私を例えるならスヌーピー」、 ピーナッツカフェを初体験!

関根麻里「私を例えるならスヌーピー」、 ピーナッツカフェを初体験!

  • 2018.6.20
  • 675 views

スヌーピー好きで有名な関根麻里さんが、中目黒にある「ピーナッツカフェ」を初体験!ここでしか食べることができないオリジナルメニューや、カフェ限定アイテムが並ぶグッズコーナーをレポートしてくれた。

【写真を見る】「見て!」と関根さん、2階へ続く階段のライトがスヌーピーに!

ウッドストックのネオンがキュート!壁にある絵は、関根さんもお気に入りエピソードのひとつにあげたルーシーの「心の相談室」
KADOKAWA

同店は「PEANUTS(ピーナッツ)」にゆかりのある西海岸をテーマにした、大人テイストな一軒家カフェ。スヌーピーやウッドストックなど、キャラクターにちなんだメニューや、チョコチップクッキーやピーナッツバターなど、作中に登場する食べ物を取り入れたフードやドリンクを味わうことができる。雰囲気の異なる1階と2階席があり、1階ではグッズの販売も行っている。

【写真を見る】「見て!」と関根さん、2階へ続く階段のライトがスヌーピーに!
KADOKAWA
2階はコレクターズルームをイメージした屋根裏のような雰囲気
KADOKAWA

2階にはヴィンテージ品や絶版の本など、レアなピーナッツグッズがたくさん飾られている。壁のイラストや、棚の上に所狭しと並べられたフィギュアやマグカップなど、じっくりと見ていたらあっという間に時間が経ってしまいそうなくらい、ファンにはたまらない空間。

スヌーピーのコミックをたくさん貼り付けたライトもレトロでかわいい
KADOKAWA
スヌーピーのトイと一緒に、“ピーナッツ”や雑貨が埋め込まれたテーブル。眺めているだけでワクワク
KADOKAWA

じっくり店内を見て回る関根さん。自身の家も、食器やタオル、トイレグッズなど、ピーナッツグッズで溢れているとのこと。「母が『ピーナッツ』のファンで、子どもの頃から身の回りにグッズがあったので、気付いた時には私も好きになっていました。母の実家から持ってきたコミックスは今でもお気に入りですが、紙が茶色くなってなかなか年季が入ってきた(笑)。これは娘にも引き継いでいきたいと思っています」。娘さんもすっかりスヌーピーの大ファンなんだとか。

『ピーナッツ』について語る関根さん。「さまざまな考え方を持ったキャラクターがいて、誰かがぼそっと言った一言に考えさせられますね」
KADOKAWA

「ピーナッツグッズを見ると、指差して『スヌーピー!』って喜んでます。娘は、今はやっぱりぬいぐるみが一番好きかな。私が子どもの頃を思い返すと、スヌーピーのお弁当箱に思い入れがありますね」。親子3代で「ピーナッツ」ファンの関根さん。惹かれる理由を尋ねると、「子どもはキャラクターのかわいさを楽しむと思うけれど、物語の奥深さを知ると大人の方がハマっちゃいますよね。個性の強いキャラクターたちのやりとりがおもしろくて、和むところもあれば、哲学的なセリフ、シーンもあるところが魅力だと思います」とのこと。

[PAGE]お待ちかねのメニューをチェック!

「『“ザ・グースエッグス”スライダー 』(1800円)など、食事系のメニューもたくさんありますね!今日は甘いものにするけど、次回試してみよう」
KADOKAWA

さっそくメニューをチェックする関根さん。「たくさんあって選べない!」ということで、店員さんにオススメを聞いてみることに。「レモネードもあるんですね!『ピーナッツ』といえばレモネードスタンド。日本にはないメニューで、コミックを読んで知りました」。また、「母も言っていたのですが、『ピーナッツ』のコミックは英語だけでなくアメリカ文化の勉強にもなりました。レモネードやスモア、チョコチップクッキー、食べ物のほかにもボーイスカウトなど…。日本とは違う文化を、『ピーナッツ』を通して知ることができました」とのエピソードも。

スヌーピーも大好きなルートビアにソフトクリームが溶けて、スパイスがまろやかに。「ルートビアフロート」(830円)
KADOKAWA
「“ビーグル・スカウト” スモア」(1680円)はマシュマロがあつあつのうちに!
KADOKAWA
笑顔が弾ける関根さん!壁のスヌーピーにも注目
KADOKAWA

選んだのは、「ルートビアフロート」(税抜830円)と「“ビーグル・スカウト” スモア」(税抜1680円)。「“ビーグル・スカウト” スモア」は、マシュマロの下のビターチョコまで、しっかりすくってグラハムクラッカーにオン!お好みでグラノーラやベリーソースをかけて食べる。「甘いマシュマロとチョコに、グラハムクラッカーの組み合わせがいいですね!ベリーソースの酸味もすごく合います」と、関根さんもこの笑顔。

額の上に寝そべるスヌーピー。こういう発見もピーナッツカフェの楽しみのひとつ
KADOKAWA

カフェメニューを堪能し、次はグッズをチェックすべく1階へ。こちらは天井が高くて開放感のある、ナチュラルな空間。天井のネオンには「A good way to forget a love affair is to eat a lot of goop!」の文字が。

お土産もしっかり吟味。手に取っているのは「オリジナル ツールポーチ」(3456円)
KADOKAWA

「『ピーナッツ』好きな友達とはグッズを見つけたらお互いの分まで買ったり、私が『ピーナッツ』を好きと知っている友達はプレゼントしてくれることも。結婚のお祝いを兼ねていただいたクリスタルのスヌーピーは、特別感もあって、特に気に入って飾っています」。

美濃焼の「ピーナッツカフェ オリジナルプレート」(税抜1200円~)を真剣に選ぶ関根さん。「色もサイズもいろいろあって迷っちゃう」
KADOKAWA
LIFEにまつわる名言入りのNOBLE NOTE。「チャーリー・ブラウン(イエロー)」と「スヌーピー(ホワイト)」(各1620円)
KADOKAWA

グッズコーナーには名言の入ったアイテムも並ぶ。そこで、関根さんの好きな「ピーナッツ」の名言を教えてもらった。「チャーリー・ブラウンから“同時に2人を愛することなんてできるかな?”と聞かれて、スヌーピーが言った“クッキーが2つあったのを思い出すよ。チョコチップとピーナッツバターでね…ぼくは2つとも愛したよ”という言葉です。思わず笑っちゃうけど、スヌーピーは真剣だし、しかもちょっとカッコつけてるところがかわいいの!」。ちなみに、「ペパーミント パティとマーシー、2人の恋心に全然気付いていないチャーリー・ブラウンのやりとりも愛おしくて好き」なんだとか。

「私、気の強いところがルーシーに似てる…?でも、食いしん坊でチョコチップクッキー大好きだから、スヌーピーの方が近いかも(笑)!」
KADOKAWA

お土産もしっかり購入し、ピーナッツカフェを満喫した関根さん。「外観も素敵だし、中に入った瞬間から『ピーナッツ』の世界が全開で幸せ!メニューも作品にちなんだものが多くて、とても楽しめました。今度は、娘を連れて。きっと喜ぶだろうなぁ」。メニューやグッズも定期的に変わるので、ぜひ足を運んでみて。

(C)2018 Peanuts Worldwide LLC

衣装:ワンピース VL BY VEE(ヴィーエル・バイ・ウィー)(東京ウォーカー・大谷和美)

元記事を読む