1. トップ
  2. レシピ
  3. 手づくりチーズで美容効果UP。ジメジメ気分も体調も整える“オレンジ”を使った爽やかサラダのレシピ

手づくりチーズで美容効果UP。ジメジメ気分も体調も整える“オレンジ”を使った爽やかサラダのレシピ

  • 2018.6.19
  • 9170 views

湿気が多くて蒸し暑い日が続くこれからの時期は、気分も体調も晴れないという方も少なくないと思います。そんなジメジメした気分を吹き飛ばすような、美容効果も期待できる“オレンジ”と“手作りチーズ”を使った爽やかな味わいの「オレンジの爽やかサラダ」のレシピを紹介します。

サラダに添える“手づくりチーズ”、実はつくり方はとても簡単なんです。早速チェックしていきましょう。

使用する食材の美容&健康へのメリット

「オレンジの爽やかサラダ」(2人分)に使用する材料は下記の通りです。

|材料 |

・フレッシュチーズ…牛乳 250CC、ヨーグルト 25g、生クリーム 25g、穀物酢 20g、塩 ひとつまみ
・サラダ… オレンジ 2個、ラディッシュ、好みの野菜・ハーブ 各適量
・その他… オリーブオイル、塩、粗挽きこしょう 各適量

それでは使用する食材の美容面でのメリットを紹介します。

まずはカルシウムとビタミンAとB2、タンパク質を多く含む「チーズ」。

手づくりチーズで美容効果UP。ジメジメ気分も体調も整える“オレンジ”を使った爽やかサラダのレシピ

チーズに含まれるカルシウムは小魚などに含まれるカルシウムに比べて吸収率が高いのが特徴です。また、粘膜を強化してくれるビタミンA、肌や髪、爪など細胞再生や脂質代謝の促進効果のあるビタミンB2も含まれています。

そして、ビタミン豊富な「オレンジ」

手づくりチーズで美容効果UP。ジメジメ気分も体調も整える“オレンジ”を使った爽やかサラダのレシピ

活性酸素を除去する働きのあるビタミンCはもちろん、レモンには含まれていないビタミンAが含まれ、ビタミンB1、B2などはレモンより多く含まれているのが特徴。特にビタミンCは一度に多量に摂取しても吸収率は落ちて残りは尿で流れてしまい、またストレスでも消費されるので、食事や間食などで意識して小まめに取りたいものです。また、むくみ予防に効果的なカリウムも含まれています。

「オレンジの爽やかサラダ」のつくり方

手づくりチーズで美容効果UP。ジメジメ気分も体調も整える“オレンジ”を使った爽やかサラダのレシピ

最初にチーズを作ります。

(1)鍋に牛乳、生クリーム、塩を入れて撹拌し、沸騰直前まで火にかける

(2)ヨーグルトとお酢を合わせて(1)に入れ、ゴムベラで混ぜる

(3)混ぜているうちに分離してきたら5分ほど放置する

(4)目の細かいザルで水滴が落ちなくなるまで漉す

これでチーズの出来上がりです。続いてサラダをつくっていきます。

(5)お好みにカット(輪切りなど)したオレンジとラディッシュをお皿に並べ、好みのハーブなどを飾って(4)を載せる

(6)全体的に調味料をかけて出来上がり

チーズづくりには、いくつかポイントがあります。まず材料ですが、穀物酢は“なるべく酸味の少ないもの”を使うことで口当たりが優しくなります。また、つくり方のポイントは上記レシピの(3)で分離をしたのを確認したら“極力触らず放置”すること。見た目もキレイに仕上がります。また、しっとりクリーミーなチーズがお好みの方は水切り時間を短縮しましょう。

なお、余ったフレッシュチーズは“冷蔵庫で保管して翌日までに食べきる”ようにしてください(クラッカーやパンに載せて、はちみつと塩をかけると美味しくいただけます)。さらにチーズを手づくりすると、栄養価が高く抗炎症作用のあるホエーも手に入るというのも魅力。ぜひお料理やスキンケアなど賢く活用してみてくださいね。<text&レシピ監修:Chihateria>

元記事で読む