1. トップ
  2. メイク
  3. メイクはOK?NG?花粉症の時に心がけたいケア&メイク

メイクはOK?NG?花粉症の時に心がけたいケア&メイク

  • 2015.2.23
  • 254 views

花粉症の時期はお肌も落ち着かず、メイクをするかしないか、迷いますよね。特にマスクをする際は、メイクが落ちてしまうため、控えている人も多いかと思います。今回は、花粉症時期におすすめのスキンケア&メイクについてご紹介します。

■花粉症の時にこそメイクをした方が良い?

花粉が直接お肌に付くのを防げるため、メイクはする方をおすすめします。下地はしっかりと塗り、ファンデーションもリキッドやクリームタイプのものを使ってください。ただし、皮膚に負担がかからない低刺激の製品や、肌の炎症をおさえ、UV効果もあるBBクリームなどを選ぶのがおグッド。自分の肌にマッチするものを選んで花粉を防御しましょう。仕上げには表面にフェイスパウダーやお粉を少しつけておくと、花粉が落ちやすくなりますよ。また、春は花粉以外に紫外線も強まってきますので、UV対策も忘れずに。

■スキンケアのポイント

花粉症を発症すると、涙や鼻をかむことで皮膚の水分や油分が奪われ、さらにティッシュなどの物理的な刺激を受けることも手伝い、皮膚を守るバリア機能が低下してしまいます。そのため花粉やダニなどのアレルゲンが侵入しやすくなり、カサつきやかゆみ、肌が赤くなるなどの皮膚炎も発症しやすくなります。

バリア機能を早めに回復するためには、クリームなどでしっかり保湿、保護をする必要があります。特に洗顔後の皮膚は軽い炎症状態と同じような状況ですので、洗ったらすぐに保湿をしましょう。

■マスクを着けた時のメイクのコツ

マスクをしていると、ついメイクも手を抜いてしまいがちですが、眉毛はしっかり描きましょう。花粉で涙が出やすいのであれば、マスカラはウォータープルーフのものを使用して。またマスクを外した時に、手抜き感が出ないためにも薄い色で良いのでリップは塗りましょう。リップの上からワセリンやクリアなグロスなどを塗っておくと、マスクへの色落ちが防げますよ。

皮膚のバリア機能が低下していると、普段使い慣れているものでも、特定の成分に反応しやすくなります。ちょっとでも「おかしいな」と感じた場合は、化粧品を変えてみるのも手。お肌には受難の時期ですが、スキンケア&メイクでできるだけ症状を抑えて乗り切りましょう!

(LBR編集部)

元記事を読む