1. トップ
  2. スキンケア
  3. 3月は肌荒れに注意!敏感になりやすい時期にやるべきスキンケア対策3つ

3月は肌荒れに注意!敏感になりやすい時期にやるべきスキンケア対策3つ

  • 2015.2.22
  • 355 views

間もなく訪れる春。急に暖かくなったと思ったら次の日はまた寒くなったり、気温差が激しい日が続いたりと、大忙しの季節です。肌も、そんな変化についていけず、肌荒れを起こしやすくなってしまいます。今回は、春先にやっておきたいお手入れについてご紹介します。

■温度差でなぜ肌トラブルが?春は刺激がいっぱい!

急激な温度変化や、外部から刺激を受けたりすると、肌のバリア機能が弱くなり炎症を起こしやすくなってしまいます。

バリア機能とは、皮脂や汗で作られる皮脂膜や、水分やセラミドなどで構成される角質層によってお肌を守る機能のこと。この機能が低下すると、肌を生まれ変わらせるターンオーバーが乱れ、肌荒れの原因になると言われています。

また、ひとたび外を歩けば春風に混ざり、花粉、黄砂、埃、ダニなどが空中を舞い外的刺激が多くなります。肌が敏感なこの時期に肌に付着すると、カサつきやかゆみ、赤みなどのトラブルを起こしてしまうこともあるのです。

■湿度の変化にも要注意!予防策3つ

(1)洗顔前にぬるま湯洗い!

春先に意識するべきスキンケア対策は、刺激の少ない洗顔料で汚れをしっかり落とし清潔に保つこと。外から帰ったら、花粉や埃を落とすために、クレンジング前にぬるま湯でさっと洗い流すのがコツ。

(2)刺激物は食べない!

食べ物は辛いものなど刺激物を避けるのが無難。バリア機能を高めるセラミドを多く含むこんにゃくや大豆、牛乳などの食品を積極的に摂りましょう。また、ターンオーバーを正常に促すビタミンAや、皮膚の炎症を抑える作用のあるビタミンB2、B6が多く含まれるレバーなどもおすすめです。

(3)日焼け止めを塗る!

3月は、9月よりも強い紫外線が降り注いでいるって、知っていましたか? 冬の間は紫外線の量も少なく肌の抵抗力も弱っている状態。蓄積されシミになる前に、日焼け止めクリームは今日から塗り始めましょう!

ぽかぽか陽気で楽しい春ですが、肌にとっては大変な時期。是非、しっかりとケアを行ってくださいね。

(LBR編集部)