1. トップ
  2. ファッション
  3. 増永眼鏡より、高田賢三がディレクターを務めるアイウェア約100点が発売

増永眼鏡より、高田賢三がディレクターを務めるアイウェア約100点が発売

  • 2018.5.30
  • 898 views

ケンゾー(KENZO)設立者の高田賢三と、増永眼鏡によるコラボレーションコレクション「MASUNAGA designed by Kenzo Takada」のアイウェアが、2018年6月1日(金)から6月11日(月)までの期間、MASUNAGA1905青山店にて販売される。

高田賢三がディレクターを務める「MASUNAGA designed by Kenzo Takada」は、増永眼鏡の高い品質と技術に加え、ファッション性も兼ね備えたアイウェアコレクション。2014年には、フランスで行われる眼鏡の見本市「シルモドール」サングラス部門でグランプリを受賞した。

今回発売されるのは、同コレクションから厳選された約100点のアイウェア。中でも注目は、メタルパーツに高田家の家紋“桔梗”が施されたアイウェア「ALCOR」だ。ベーシックなスクエアシェイプのフレームには、チタンアセテートを使用。上品な大人のアイウェアに仕上がっている。

また、同期間中、MASUNAGA1905青山店では、次号で46号目となるメガネ専門誌「モード・オプティーク」初となるバックナンバー展「MODE OPTIQUE in MASUNAGA since 1905」も開催。イベントでは、バックナンバー35号が観覧可能なほか、その内10号が購入可能となる。

【詳細】
MODE OPTIQUE in MASUNAGA since 1905
開催期間:2018年6月1日(金)~6月11日(月)
開催店舗:MASUNAGA1905青山店
住所:東京都港区北青山2-12-34
販売商品例:
・ATRIA 65,000円+税
・ALCOR 60,000円+税
・MIZAR 60,000円+税
※全ての商品に専用フレーム付き。

元記事を読む