1. トップ
  2. ファッション
  3. ユニクロ 18秋冬メンズ&レディース - ウルトラライトダウンからフリース、ジーンズまで新作紹介

ユニクロ 18秋冬メンズ&レディース - ウルトラライトダウンからフリース、ジーンズまで新作紹介

  • 2018.5.30
  • 3968 views

ユニクロ(UNIQLO)の2018-19年秋冬コレクションが発表された。今季のユニクロは「ウルトラライトダウン」などのアウター、ジャケット、Tシャツのラインナップとカラーバリエーションを見直し、アップデートして展開する。

秋冬に欠かせない3つのユニクロ王道アウター

ウルトラライトダウン(ULTRA LIGHT DOWN)

保温性が高く、軽くて暖か。アウターとしてはもちろん、インナーとしても活躍するウルトラライトダウンは、あらゆる場面で着られるユニクロの代表的アイテムだ。今季は、メンズのウルトラライトダウンコンパクトベストジャケットの襟が2WAYになって登場。襟の折り込み方の調整が可能で、重ね着の際の表情を簡単に変えることができる。また、ウィメンズではダウン量を調整することでよりボディラインを美しく見せるシルエットにシフトした。

シームレスダウン(SEAMLESS DOWN)

身頃部分の縫い目を限りなくなくして、ミニマルなスタイルと機能性を両立させた「シームレスダウン」。着ぶくれや、重量感から解放してくれる“次世代ダウン”だ。生地表面の撥水加工とシームレスのダブル効果で雨や雪に強く、ダウン特有の毛抜けの心配がない。今季はパーカ、コートなどのバリエーションに加えて、カラーも豊富に用意している。

ブロックテック(BLOCKTECH)

「ブロックテック」は、その名の通り撥水加工によって雨風をブロックする高機能素材。優れた透湿性により、汗をかいても、湿度の高い時でも蒸れにくく、さらりとした肌あたり。また、軽やかかつ柔らかな着心地で、アウトドアやスポ―ツなどアクティブシーンでもしっかり活躍してくれる。本ラインよりステンカラーコート、モッズコートなどが登場するほか、ユニクロ ユー(Uniqlo U)でも同素材のコートがラインナップする。

スタイリングの幅を広げる、気軽に着られるトップス

フリース(FLEECE)

アウターとして使えるファーフリースに加え、ウィメンズ・メンズともにボアフリースのラインナップが充実。特にメンズでは、ボウフウボアフリースパーカが新たに加わる。また、ニュアンスカラーの新色も仲間入りし、色を選ぶ楽しみも増えた。

ニット(KNITS)

ニットの目玉となるのは、ユニクロ ユーで過去に好評を得たホールガーメント3Dニット。縫い目がないため、女性のボディラインに優しく寄り添い、着心地の良さとともに美しいシルエットを叶える。また、プレミアムラムウールを新たに提案し、チクチクするラムウールのイメージを払拭。より和ら中肌ざわりを実現させた。

ジーンズ&イーゼットワイ ジーンズ(JEANS & EZY JEANS)

ユニクロ史上最高の履き心地を叶え、トレンドカラーをラインナップしたイーゼットワイ スキニーフィットカラージーンズが初登場。生地はカジュアルになりすぎず、ウエストはゴムベルトのイージー仕様で、穿き込んだような自然なユーズド感にも拘った。

また、アンクル丈のテーパードシルエットで、脚を美しく見せてくれる「イーゼットワイ アンクルパンツ」もラインナップ。メンズはコーデュロイ、ウィメンズはフランネルが初登場となる。

快適な毎日を過ごすためのルームウェアとインナー

ラウンジウェア(LOUNGEWEAR)

ユニクロのルームウェアは、上質なリラックスタイムにきっと欠かせないものになる。今季は、春夏に引き続き「イネス・ド・ラ・フレサンジュ」と、フランス生まれのランジェリーブランド「プリンセス タム・タム」とのコラボレーションデザインが登場する。肌を温かく優しく包み込むフリースセット、360度どの方向にも伸縮する高機能素材で肌ざわり抜群のウルトラストレッチルームウェアなど、タウンウェアとしても取り入れられそうなアイテムが揃う。

ヒートテック(HEATTECK)

ユニクロと東レのテクノロジーを集結させた発熱保温インナー「ヒートテック」は、発売開始以来進化を続け、今や日々に欠かせないライフウェアの象徴ともいえるアイテムだ。今季も、ヒートテックの約1.5倍温かい「ヒートテックエクストラウォーム(極暖)」と、約2.25倍暖かいヒ「ヒートテックウルトラウォーム(超極暖)」とあわせて登場。ミニマルかつシンプルなシルエットを邪魔しない1枚は、是非店頭で手に取って。

オリジナルサイトで読む