1. トップ
  2. 恋愛
  3. 知らぬ間に恋を弾き飛ばしていた!? ガードが硬くて近寄れないの特徴

知らぬ間に恋を弾き飛ばしていた!? ガードが硬くて近寄れないの特徴

  • 2015.2.22
  • 509 views

身だしなみもきちんとしているし、言葉遣いもキレイ。「○○さんはしっかりしている」「いいお嫁さんになりそう」なんて言われることもあるのに、ちっとも恋の気配が見られない。友達からは「隙がないんだよ」なんてアドバイスされるも、いったいどうやって隙を作ったらいいのかわからずに考え込んでしまうこともあるでしょう。

もしかしたら春が訪れないのは、気付かない間に相手からの恋のオーラを跳ね飛ばしてしまっているからかもしれません。そこでここでは、ガードが硬くてなかなか近寄れない女性の特徴をご紹介します。

笑わない・笑顔が少ない

ガードが硬すぎる女子の特徴のひとつに「笑顔が少ない」という点があります。相手のかました軽いジョークや下ネタにも、ドン引きした顔で返していませんか? せっかく心を開こうと明るく接してくれている相手に対して、苦笑いをしたり、ノーリアクションをとるのはNG。自分から相手のことをシャットダウンしてしまっています。

もちろん、ノリがよすぎて下品な話にもがんがん食いついていく、というのも恋を逃してしまいますが、お話ができないくらいガードを張り巡らせていては相手も恐縮してしまいます。

突っ込めない

明らかに突っ込んでもらいたがっている相手に対してマジメな回答をしてしまうのは、相手のハートを傷つけます。あまり親しくない相手のボケに対してズバッと突っ込むのは難しいですが、真顔では返さないようにしたいところ。突っ込みは慣れです。初めのうちはどうすればいいのかわからないことも多いと思うので、とりあえずは「○○君って面白いね」と言って笑って言葉を返しましょう。

出会いの場を否定する

「好きな人とは自然に出会いたい」という気持ちもよくわかりますが、だからといって合コンや婚活パーティーを否定してしまうのはNGです。「そういうとこ行く人、無理だから」と一刀両断してしまっていませんか? 場所によって勝手に相手のことを決めつけてしまうのは乱暴です。「私は参加したことがないんだけど、どんな感じなの?」と相手の話に耳を傾けるようにしたいところ。

他人行儀すぎる

丁寧な対応はとても心地よいですが、堅苦しい言葉遣いや礼儀作法に気を遣いすぎると「隙がないな」と思われてしまいがちです。礼儀は相手との関係の間に心地よく横たわるもの。

必要以上に他人行儀に振る舞い、相手の居心地を悪くさせてしまっては丁寧な対応も意味を成しません。言葉遣いや敬語で話すことも大切ですが、「面白かった」「嬉しかった」「楽しかった」などと自分が感じた言葉にたいしては「おもしろい」「うれしい」とフランクに返すことで、相手との距離もぐっと縮まるはずです。

元記事を読む