1. トップ
  2. 恋愛
  3. 映画『悲しみに、こんにちは』スペインの新鋭女性監督が描く、実話を元にした少女のひと夏の物語

映画『悲しみに、こんにちは』スペインの新鋭女性監督が描く、実話を元にした少女のひと夏の物語

  • 2018.5.28
  • 11292 views

映画『悲しみに、こんにちは』スペインの新鋭女性監督が描く、実話を元にした少女のひと夏の物語

undefined
(c)2015,SUMMER 1993

映画『悲しみに、こんにちは』が、2018年7月21日(土)より、渋谷ユーロスペースほか全国の劇場で順次公開される。

スペインの新鋭女性監督が描く

メガホンを取ったのは、スペインの新鋭女性監督、カルラ・シモン。本作で長編デビューを飾った彼女は、是枝裕和監督の『万引き家族』が最高賞を受賞したことで話題の第71回カンヌ国際映画祭にて、映画界で活躍する女性を称える「ウーマン・イン・モーション・アワード」を受賞した。

映画『悲しみに、こんにちは』は、ベルリン国際映画祭およびスペインのアカデミー賞とされるゴヤ賞の新人賞を受賞し、2018年アカデミー賞のスペイン代表に選出。世界最大級の映画レビューサイト「ロッテン・トマト」では、最高評価の100%Freshを獲得するなど、世界が注目する女性監督の1人である。

実話を元にした少女のひと夏の物語

映画『悲しみに、こんにちは』は、そんなカルラ・シモンが、自身の子供の時の体験や記憶を元に、幼き心がはじめて生と死に触れる特別なひと夏を描いた作品。無邪気さと繊細さをあわせ持つ思春期前の少女の心の動きを、美しいカタルーニャ地方の風景と共に映し出した。

ストーリー

フリダは、荷物がダンボールに詰められるのを静かに見つめていた。その姿は、まるで母親が最後に残していった置物のようだ。両親を“ある病気”で亡くし一人になった彼女は、バルセロナからカタルーニャの田舎へ引っ越し、若い叔父夫婦の元で暮らすことになる。叔父と叔母、そして幼いいとこのアナは、家族の一員としてフリダを温かく迎え入れるが、新しい家族として暮らすには互いに時間がかかり・・・。

作品情報

映画『悲しみに、こんにちは』
公開日:2018年7月21日(土)、渋谷ユーロスペースほか全国順次公開
脚本・監督:カルラ・シモン
製作:バレリー・デルピエール
出演:ライラ・アルティガス、パウラ・ロブレス、ブルーナ・クッシ、ダビド・ヴェルダグエル、フェルミ・レイザック
撮影:サンディアゴ・ラカ
編集:ディダク・パロ、アナ・プファ
2017年/スペイン/カタルーニャ語/100分/英題:SUMMER1993/日本語字幕:手束紀子

元記事を読む